[参議院選挙-情勢速報]宮城〜桜井氏演説に細野氏駆けつけ〜仙台駅前で街頭演説

      2016/07/07

スポンサーリンク

26日昼、宮城選挙区では民進党候補桜井充氏の街頭演説に細野豪志衆院議員が駆けつけ、市民に支持を訴えた。

細野氏は一連の社会保障費をめぐる議論に触れ、返還不要の奨学金制度の導入などの議論について、民進としても力を入れ訴えていくことを強調し、広く県民に支持を訴えかけた。

声を力強く張り上げ、宮城候補の桜井充氏への支援を呼びかける細野豪志衆院議員(仙台駅西口アエル前)。

声を力強く張り上げ、宮城候補の桜井充氏への支援を呼びかける細野豪志衆院議員(仙台駅西口アエル前)。

野党共闘が最も進んでいる選挙区の一つとされる、宮城選挙区ではあるがこの日、街頭演説会場のアエル前周辺は50名程度の聴衆と動員は伸び悩み、また共産系支持者、Sealdsなど若手支持者の影は見られなかった。

昨日の安倍首相遊説時に比べると寂しさの残る遊説となった。

スポンサーリンク

「安倍ゆるさない」のプラカードを持つ市民の影はこの日、1名のみだった。

「安倍ゆるさない」のプラカードを持つ市民の影はこの日、1名のみだった。

組織票で引き続き、自民公認の熊谷大氏陣営にプレッシャーを与え続ける桜井氏陣営はビッグネームの遊説と比べ、着実と地上戦に力を入れているとみられる。

細野氏の演説を受けて、桜井氏は竹中平蔵パソナグループ会長の名前を挙げ、庶民生活の逼迫の声もあり、非正規雇用が増加する中竹中氏のパソナグループのような派遣のあり方が非正規雇用を増やしてきたことに触れ、竹中氏が(国家戦略特別区域などの)有識者メンバーとして安倍政権の政策の中枢に関わっていることを受けて「これが安倍政権の実態です」と批判した。

他方「賃金が下がる一方、株主配当がどんどん上がっている。」とも指摘し、一部の大企業優遇の経済政策の是非を国民に問いかけた。

ペデストリアンデッキから演説を見守る市民。

ペデストリアンデッキから演説を見守る市民。

また、最後に憲法・安全保障政策についても触れ「憲法を守って、アメリカと戦争をするような国にしたくありません。」と、憲法改正に反対の考えを声高に訴え、共闘の共産系支持者への配慮を示した。

安全保障政策については、石巻市(宮城県)で自衛官の母親に「うちの息子を戦争にいかせるような法案」への検討の声を涙ながらに訴えられたエピソードを出し、改めて憲法改正、安全保障政策について争点の一つとしていく姿勢を見せた。

参議院選挙 宮城県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 宮城県内選挙, 政治ニュース, 東北地方選挙, 選挙区・情勢予想 , , , , , , , ,