【衆院選-情勢分析】宮城5区-無所属で出馬の前職・安住氏が安定か

   

スポンサーリンク

宮城5区の候補者

【衆院選-情勢分析】宮城5区-無所属で出馬の前職・安住氏が安定の選挙戦か

(出典:境恒春Facebook/佐々木伸也Facebook)

氏名 年齢 党派 職業 新/前/元 得票数 当落
1 勝沼 栄明 42 自由民主党 開票待ち
2 安住 淳 55 無所属 開票待ち

宮城5区の情勢

今回は無所属で立候補の安住氏、今回も安定の選挙戦か。

東日本大震災で最も被害を受けた石巻市を中心に沿岸から内陸まで幅広い地域を有する宮城5区。今回は区割り変更もあり、松島町、大郷町、本吉郡も宮城5区に編入された。

その中でも安住淳元財務大臣の安定感が際立つであろう。安住氏は今回民進党からの立候補ではなく無所属での立候補になっているが、美里町、涌谷町などの内陸部を中心に安定した地盤が今回もいかんなく発揮されている。また高い知名度もあるので、多くの地域また無党派層の支持も見受けられる。

そして安住氏の対抗馬が自民党前職の勝沼栄明氏である。勝沼氏は前回の選挙戦でも同じような構図での戦いで安住氏に敗北したが、比例東北ブロックで復活した経緯がある。

今回こそ負けられないと意気込みを見せており、宮城5区内の県議会議員らとともに、各地で個人演説会、街頭演説を欠かさない。

また18日には松島町・大郷町に吉野正芳復興大臣が応援に駆けつけて、いかに復興に力を入れていくか訴えた。ただ安住氏陣営の地盤は強く情勢は厳しい状況にある。

関連リンク

【速報・結果】衆院選2017(宮城5区:石巻市、東松島市、大崎市(旧三本木町・松山町・鹿島台町・田尻町域)ほか )

スポンサーリンク

 - 宮城県内選挙, 政治ニュース, 東北地方選挙 , ,