中国人留学生の沖縄へのツッコミ―日本と中国を比べて感じたこと

      2018/04/07

スポンサーリンク

沖縄

2017年の年末、中国人留学生4人で沖縄に旅行に行った。5日間の滞在で、きれいな海、あざやかな赤色の首里城、美味しい琉球料理など、私たちのイメージしていた「美しい沖縄」を十分に体験することができた。

しかし同行したほかの女子大生の期待と乖離してしまったことや、日中に対する観光業の比較、また沖縄に大きいインパクトをもたらす米軍基地に対して、色々な感想が溢れている。その為、今回、中国人留学生が見た「沖縄」を皆さんに紹介する。

質問者: 筆者

回答者:日本の大学で交換留学している張さん、孫さん、王さん

日本と中国のリゾート地の違い

私たち留学生が一番驚いたのは、沖縄の交通の不便さである。観光地でバスを探すのはとても難しい。私達が今住んでいる仙台、東京なら特に公共交通機関が発達して移動に困る事なんてほとんどない。

中国でも海南島みたいなリゾートでは、バスは朝6時30分から夜10時30分まで乗れるし、タクシーも安く使える。又、海南島でもシェアバイク、バイクタクシー等の交通設備が充実している。日本や中国の観光サイトの口コミで、沖縄は不便で「レンタカー」が必要と聞いていたが、でも実際に行ったら、それ以上に不便だったとは思いもよらなかった。

筆者:沖縄の交通の不便さへのツッコミは具体的にどこにある?

孫さん:沖縄は観光地にもかかわらず交通手段が少ない。バスに乗るにも凄く時間が掛かる事にびっくりした。

王さん:私も必死にGoogle Mapsで調べたけど、全然バスルートが出てこないので焦った。私達中国人からしたら日本ではGoogle Mapsで調べれば30秒で何処にでも向かう事ができると思っていたのに、沖縄では、私たちが「インフラがすべてが整っている」という日本に対するイメージが覆った。

スポンサーリンク

日本のバスツアーの心遣い

私達は沖縄でバスツアーを体験した。気がつくと、皆は両国の観光バスツアーを比較しようとしていた。

筆者:今回私たちはバスツアーを体験したけれど、中国と比べたらどう思った?

張さん:日航ホテルでのランチは本当においしかった。8000円のバスツアーなのに、日航ホテルで昼ごはんを食べられるなんかお得だと思った。中国では1日のバスツアーも3000円~8000円と日本と同程度もお金がかかる割に、ランチは全然美味しくなかった。
中国の一部の観光ツアー会社ではコストを控えるため、ランチがまずいこともある。それについて、中国の知識シェアサイト「知乎」でよく口コミが見られる。

孫さん:沖縄ではお客さんに無理やり買い物をさせる強制ショッピングがなくてよかった。中国の一部の観光地では強制ショッピングが確かに問題となった。

中国では過去には安いツアーでの強制ショッピングもみられたが、5年ほど前に観光客を保護する法律が制定されたり、観光客向けの損害保険が販売されるようになったりなど、対策が取られている。

婷竹
婷竹(テイチク) 1991年生まれ。牡羊座。O型。中国東北地方瀋陽市出身。東北財経大学卒業。現在東北大学経済学研究科在学中(修士1年生)。趣味は読書、星座占い、ACG(アニメ・マンガ・ゲーム)音楽を歌うこと。ヴォーカルユニット・Kalafinaの熱狂的ファン。自慢の料理は中華風豚足の煮込み。

1 2

 - アジアのニュース, アジア・世界ニュース, 日本のニュース, 社会ニュース ,