【山形・東根】大滝の渓流美と玉こんにゃくを楽しめる「大滝ドライブイン泉や」

   

スポンサーリンク

大滝 山形 東根

うわ、すごいな―――。私は冬の山形で、思わず目を奪われるような美しい景色と出会いました。仙台市から車で1時間余り。ここ山形・東根に広がる一面の銀世界は、世界一の画家によって描かれた景色にも劣らないものだと私は確信しました。

思わず雪を手に取って口元まで掬ってみると、ひんやりとした食感に思わずにんまりとしてしまいます。木でできた温かみのあるコテージから周囲を見渡すと、落差10mもの瀑布が、深く降り積もった雪を下流へ下流へ容赦なく押しやっているのが見えます。

地元で「大滝」として知られるこの関山大滝は、雄大な最上川を形作る乱川の最上流に位置します。乱川(みだれがわ)のその名が示すように、荒ぶる滝の流れは、まるで現代を生きる私たちに本来の自然とは何たるかを教えているかのようです。

大滝 山形 東根

しかしながら、隣のドライブイン「大滝ドライブイン 泉や」にひとたび足を踏み入れると、そこにはうってかわって温もりのある空間が広がっています。どこかノスタルジックなレストランでいかにも日本らしいコタツに身を寄せると、外の寒さで冷え切った身体がじわじわと温まっていくのがわかります。

醤油のしみ込んだ熱々の玉こんにゃくは、まさしく冬の山形の主役と言えるでしょう。濃厚な味噌だれのかかった田楽も隠れファンが多い存在です。一口かじりつくと、朝の空っぽの胃袋が幸せな温かさで満ちていきます。

厳しくも雄大な自然と、その自然がもたらす豊かな収穫―――対照的であるにもかかわらず分かちがたいこれら2つの要素は、まさしく山形という土地を語るうえでなくてはならないものです。

山形の魅力は様々なものがありますが、この自然がもたらす厳しさと豊かさを同時に感じることができるここ「大滝ドライブイン 泉や」は、最も山形らしい魅力を体現している施設の一つではないでしょうか。山形に来たことがある人も、そうでない人も、ぜひ一度は訪れていただきたい場所です。

大滝ドライブイン泉や

所在地:〒999-3724 山形県東根市大字関山3166

TEL:0237-44-2354/023-44-2407

駐車場:30台(大型バス3台可)

営業時間:8:00~19:00

定休日:不定休

スポンサーリンク
Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース ,