【世界のミニニュース】インド南部にある不思議な「双子の村」

   

スポンサーリンク

(YouTubeユーザーによる動画)

インドに双子ばかりの村があるのをご存知ですか?

そこはインド南部ケーララ州マラプラン県にあるコディンヒ(Kodinhi)という小さな村。ここコディンヒは世界で最も双子の出生率が高い地域として知られており、村の2000世帯のうち、400組以上の双子がいて、毎年15組の双子の赤ちゃんが生まれています。

インド国内の双子の出生率は平均で0.9%とされていますが、ここコディンヒでは4.5%と驚異的な数字が出ています。この数字については専門家からも驚きの声が上がっており、海外からも研究者がこの村を訪れています。多くの研究報告がなされているものの、未だにこの高い双子の出生率の具体的な原因は解明されていません。

双子の生まれる原因が分かれば不妊治療にも役立てられるとして、地元の医師を中心に現在研究が進められています。今後の研究の行方に注目がなされます。

スポンサーリンク
Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース ,