スピード違反でビルの2階に車が激突 奇跡的に死傷者なし

   

スポンサーリンク

1月14日の朝、アメリカのカリフォルニアで重度のドラッグ中毒者の男性が交通事故を起こしました。この男性が乗っていたのは、白の日産・アルティマで、フレンチ・ストリートにスピード超過で突っ込んだそうです。カリフォルニア州警察によると、車が衝突したのは17番街のEの300ブロックだそうです。大きな事故でしたが、ドライバーの男性は奇跡的に一命をとりとめました。

カリフォルニア州警察によると、この事故で車は地上から15メートルものビルの2階に突っ込んでいったそうです。警察が事故現場に着いたときには、日産のこの白い車は壁を突き破って、ボンネットでかろうじて全体を支えているような状態だったそうです。大破した車からは小規模な火災が発生しており、消防車も出動する事態になりました。


(防犯カメラの様子。猛スピードの車が建物に突っ込んだ後、辺り一面を爆風が覆った。)

車両は救助隊により、明け方に無事に撤去されました。今回の事故ではドライバーも一命をとりとめ、また周囲も深夜で人がいなかったことが、不幸中の幸いとなりました。

スポンサーリンク
Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 国際ニュース, 社会ニュース ,