中国・北京で9日間にも渡る大渋滞 世界最大規模

   

スポンサーリンク
https://pbs.twimg.com/media/C8iq-u4XgAAvhWM.jpg:large

https://pbs.twimg.com/media/C8iq-u4XgAAvhWM.jpg:large

中国・北京で9日間にも渡る大渋滞 世界最大規模あなたは渋滞にぶつかったことはありますか?しかも今から学校、仕事、ショッピングに行かなきゃいけないなんていうときに?きっと誰もが一度はあるでしょう。渋滞に遭ったときの気持ちといったら、ひどいものです。まず、だれが信号待ちなんてしたいなんて思うでしょうか?なぜそんなものに時間を支配されないといけないのでしょうか?しかもそれが30分、1時間…そしてそれが、まさか数日間も続いたらどうでしょうか?

今からお伝えするのは、中国で本当にあった話です。

なんと9日間も!?世界最大の人口の国・中国で起きた渋滞

https://twitter.com/search?q=9%20days%20traffic%20china&src=typd

https://twitter.com/search?q=9%20days%20traffic%20china&src=typd

中国は世界最大の人口を擁する国として知られています。でも、いくらそんな大きな国でも、216時間―つまり、9日間も続く長い長い渋滞があっただなんて信じられるでしょうか?この渋滞は隣接する河北省から内モンゴルまで、長さにして約100kmにも及んだともロイター通信は報じています。

こんな渋滞を誰が想像できるでしょうか。おおよそ、地獄のようです。人々の中には、車のハンドルに拳を叩きつけ、車の屋根を剥がしとるなど、頭に血が上ったあまり見境ない行動をとった人もいるそうです。

経済成長とともに日常化する中国の渋滞

https://twitter.com/search?q=9%20days%20traffic%20china&src=typd

https://twitter.com/search?q=9%20days%20traffic%20china&src=typd

このニュースはBBCやCNNといった各国国営放送も注目し、写真や映像を何度も繰り返し放送しています。それはまるで世界の終わりのようにも例えられる光景で、その渋滞に巻き込まれた人はどれほど不快な思いをしたことでしょう。中国政府は巨額の費用を投じて渋滞の緩和を進めていますが、経済成長とともに都市部での渋滞は日常化しています。

世界中で見られる長い長い渋滞

https://twitter.com/search?q=9%20days%20traffic%20china&src=typd

https://twitter.com/search?q=9%20days%20traffic%20china&src=typd

このような長い長い渋滞があったのは、何も中国だけではありません。過去には米国のロサンゼルスやカリフォルニアが、ベトナムでは主要都市のホーチミン市が、インドネシアでは首都のジャカルタ、そしてパキスタンの商業・金融の中心都市カラチでも同様の渋滞が生じています。例えばベトナムのホーチミン市の渋滞による経済的な損失は年間10億ドルにも上るとされており、国全体に非常に大きな影響をもたらしています。各国政府が本腰を入れて取り組まなければ、こういった渋滞や渋滞による機会の損失は解決できないでしょう。いち旅行者としては、こういった渋滞の心配をすることなく、快適に旅行できるようになるのを祈るばかりです。

https://pbs.twimg.com/media/BqRJsqhIUAAaJq0.jpg:large

https://pbs.twimg.com/media/BqRJsqhIUAAaJq0.jpg:large

Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース , , , ,