『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない』8/4スタート

   

スポンサーリンク

素晴らしいライヴアクションムービーが本日封切りとなりました。この映画は日本で最も有名なマンガ・アニメのひとつで、そして日本で最も著名な監督によって映画館に届けられます。この映画を手掛けるのは三池崇史監督です。

1987年から続く長期連載が満を持して映画化

j7

日本の人気マンガ・アニメ『ジョジョの奇妙な冒険』は1987年から漫画家の荒木飛呂彦が連載しています。連載は1987年から2004年まで週刊少年ジャンプに掲載され、2005年以降は月刊青年誌ウルトラジャンプで連載を続けています。

三池監督のバイクに捧げた青春

jo2

三池崇史監督は大阪の八尾市で生まれ育ちました。若いころはバイクでのツーリングが趣味で、バイクサーキットのライセンス取得に挑んだこともあるそうです。18歳で、戦後を代表する映画監督のひとりである今村昌平が立ち上げた横浜放送映画専門学院(現在の日本映画大学)に入学しました。

今回映画化する作品は累計1992年から1995年にリリースされたシリーズの4作目に該当します。アニメの制作はDavid Productionが2012年に1部から手掛け、2015年には北米でも放映されています。

魅力的なキャラクターを再現できるかが注目

j5

「殺し屋1」などのマンガ作品の映画化を手掛けた三池監督は、2012年からアニメにもなっている今回の『ジョジョの奇妙な冒険』の映画化にチャレンジします。超人的な能力を持つ魅力的なキャラクター達をいかに再現できるかが見所です。

主人公・東方仗助には人気俳優の山崎賢人

jo3

三池監督は今回の主人公・東方仗助を演じるのは人気俳優の山崎賢人だとしています。山崎賢人は「L・DK」「orange」「四月は君の噓」など有名なマンガの映画化作品に次々出演している人気俳優です。昨年12月に映画の発表がされましたが、公開時期は当時未定でした。そして、本日8月4日満を持して映画が封切りになったわけです。

山崎賢人が演じる東方仗助は日本に住む高校生で、作中の友人らと同様に「スタンド」と呼ばれる超人的な能力を使うことができます。このスタンドはこのジョジョシリーズを語る際に欠かせない要素で、この能力は良い事にも悪い事にも使うことが出来ます。

神木隆之介など素晴らしいキャストも

jo4

そのほかにも神木隆之介、小松菜奈、岡田将生など素晴らしいキャストがこの『ジョジョの奇妙な冒険』の物語を彩ります。映像化が難しいとされる本作品ですが、素晴らしいスタッフやキャストが全力を尽くしており、必見です。

仙台での上映予定

j8TOHOシネマズ仙台 - 午後6時50分、午後8時50分

MOVIX仙台 - 午後6時、午後8時半、午後9時45分

109シネマズ富谷- 午後5時50分、午後8時30分

MOVIX利府-午後6時20分、午後8時50分

イオンシネマ名取-午後6時10分、午後8時55分

Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース , , ,