宮城・大河原「とんとんの丘 もちぶた館」美味しい豚料理とあたたかな店主のいる店

      2017/07/19

スポンサーリンク

皆さんは大河原には行ったことがありますか?そこは仙台駅からすぐ行ける、小さな町です。車でも約1時間。私はこの冬このまちに魅了されて以来、しばしばこのまちを訪れています。初めて訪れた日は、とてもとても寒い日でした。

og

大河原「とんとんの丘」で楽しいひと時を過ごす

oooooo

大河原に前回行ったときに私が体験した、ちょっとしたアクシデントを皆さんに共有させてください。私は先日、友人たちと大河原にある「とんとんの丘 もちぶた館」を訪れました。私や友人たちはヒンドゥー教徒で、牛が食べられません。ここ大河原の「とんとんの丘」では、美味しい地産地消の豚のバーベキューが楽しめます。その日も私は友人たちと楽しい時間を過ごしていました。私たちは日本の友人たちの話をして、冗談を言い合って、盛り上がりました。美味しくてバラエティ豊富なバーベキューを味わいながら、時間が過ぎていきました。

Oga

楽しい旅行のアクシデント

そうしているうちに、私たちが家に戻ったのは夜の12時に。帰りの車の中で私の友人は「ところでアニル、君のバッグはどこだい?」と尋ねました。私は車のなかを何度も何度も探しましたが、見つかりません。顔がみるみる青くなっていく私をよそに、私の友達の一人が「あのバーベキューをしたお店で忘れてきたんじゃない?」と気がつきました。私の気分はどん底に陥っていました。私の一番大事なものがそのバッグの中にたくさん入っていたのです。悪いことに、そのお店の電話も住所もわかりません。運よく私の日本人の友人が知っていたので、お店に電話し、また戻っていいかと確認をしてくれました。

zz

不安の中で眠った夜

私は夜の2時に戻り、お店に到着しましたがやはりお店の人は帰っているのかお店は閉まっていました。私はお腹が空いていて、とても疲れていたので、ホテルに泊まるよりずっと安いネットカフェに行きました。困ったことに、私のクレジットカードや在住カード、そして現金7万円がかばんの中の財布に入っていたのです。頭を抱えました。翌朝起きて、7時ごろにお店につきましたが、まだお店は開いていません。お店の人は9時まで待ってほしいと言っていましたので、私たちは9時にまた出直しました。

ooooooooo

9時にお店につくと店主が私のかばんを安全に保管しておいてくれました。私はとても安心しました。私はその人に何度も何度もお礼を伝え、会社に遅刻すると伝えてその場を後にしました。

大切な友人たちと「とんとんの丘」に感謝を

oooooooooooo

こういったアクシデントに見舞われても、助けてくれた日本人の友人たちに感心します。またなにより、こういった困った客を温かく迎えてくれた「とんとんの丘」のご店主にも感謝します。大河原にある「とんとんの丘」は美味しい料理も、スタッフの人柄も最高のお店です。

スポンサーリンク
Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース , ,