【仙台駅東口】アンパンマンこどもミュージアム

   

スポンサーリンク

「子どもは大人の父である」非常に有名なウィリアム・ワーズワース(William Wordsworth)の著書で書かれているこの有名な逆説で、私の記事を始めたいと思います。この作家によると、子どもというのは私たち人間を道徳化し、よりよい大人へと文明化させてくれる神様の贈り物なのです。子どもたちは非常に純粋です。彼らの罪のない瞳は、わたしたちに従順で、献身的で、私たちの日々の仕事にやる気を出して取り組むことの大切さを教えてくれます。

IMG_5115


良い休日の使い方


今週末、私は仙台のアンパンマンこどもミュージアムを訪れる機会がありました。私はそこにいて、とても嬉しかったです。たくさんの子どもたちがいました。彼らは土曜日と日曜日だったので、そこにいました。博物館が午前10時に始まり、午後6時に閉館を迎えるまで、子どもたちは皆とても幸せそうでした。

ボランティアビュー

aa

博物館はお正月に一度だけ閉館されます。ボランティアの方いわく、土曜日、日曜日、そして祝日には、とてもたくさんの人がここを訪れるそうです。博物館は仙台駅のすぐ近くにあります。


アンパンマンとメロンパンナちゃんの美しい木箱


木箱は、とても美しいです。誰もが木製の箱に登ってとても興奮していました。メロンパンナちゃんと呼ばれるメロンパンの顔の女の子と、とアンパンを模した主人公・アンパンマンなど、たくさんのイラストがありました。どんな親も子供の世話をしながら歩いていました。建物の真上にはカフェレストランとショッピングモールがあります。これが家族にくつろぐ時間を与えてくれます。


良い父になりたい


私も小さな子どもたちの遊ぶ姿を見て、とてもワクワクしていました。私は本当に子どもたちをかわいいと思うのです。私は彼らと話すのが好きです。

毎週末、私は通常、子どもたちがたくさん訪れる公園に行きます。小さな子どもたちから学べることもあります。私は将来、良い父になることができればいいなと思います。

vvv

 

 

仙台アンパンマンこどもミュージアム&モール

 

 

所在地:宮城県仙台市宮城野区小田原山本丁101−14

電話:022-298-8855

 

Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース