【郡山市】中学生の子どもたちの流す汗の尊さ

   

スポンサーリンク

目覚ましが6:30に鳴り響いて、目を覚ましてシャワーを浴びました。私は陸上競技を見るために開成山スタジアムを訪れる予定でした。私はカメラを詰めて、仙台駅のバス停に行き、2200円のチケットを買いました。私は仙台駅から8時きっかりで旅しました。私は10時ぴったりでスタジアムに達しました。私はまったく新しい雰囲気を感じました。そこはまだ寒かったです。

心地よく、元気な体を作るスポーツ

私たちは私たちの体を常に心地よく、元気な状態にする必要があります。私たちは毎日、気を付けている必要があります。私たちの体内では、毎日細胞の一部が死につづけるのです。我々はエネルギーの多くを失います。したがって、陸上競技は私たちの血液循環を助け、内臓の働きを活性化させます。私たちは時間があるときに運動している人々を見ます。そうすることで、私たちは太っておらず、毎日元気よく過ごすことができます。

IMG_4726

 

ベストを尽くすことの大切さを学ぶ子どもたち

私がスタジアムに着くとすぐ、私はとても幸せになりました。私の周りにはたくさんの小さな子供たちがいます。私はノスタルジックな気持ちになりました。彼らは大会のために体を暖かく保っています。郡山と福島の中学生の子どもたちが競技を繰り広げていました。高瀬中学校、片平中学校、その他多くの中学校が大会に参加していました。すべての生徒は、最善を尽くす準備ができていました。

その後、ゲームがはじまりました。ほとんどのスタジアムはオーディエンスの対象でした。私はラッキーで、生の試合を観る機会がありました。すべての親とその顧問の先生たちは、ガンバレ、ガンバレとして学生に叫んでいました。「あなたはうまくやっている、あとは速く走るだけだ」と日本語で言っているのが聞こえました。

開成山競技場は、中学生の選手たちによってほとんど覆われていました。教師たちは、彼らの学生が競技に勝つという確信を感じていました。その日は誰もが汗をかくほど暑かったです。自動販売機にはソフトドリンクを求めて選手たちが長い列を成していました。

IMG_4741

片平中学校や高瀬中学校の活躍

長い間、私はスタジアムにとどまっていたので、郡山市立片平中学校がとても良いプレーをしていると感じるようになりました。彼らは本当にうまくいっていました。同様に、高瀬中学校の生徒は200mのロングジャンプをしていました。私はゲームを見て、あまりにも興奮していました。生徒の中には、自分のテントで自分の写真を見せてくれるように頼んだ子どもたちもいました。私はすべての試合を夕方まで見たかったのですが、1時15分には移動しなければなりませんでした。見れなかった最後の試合はどんなものだったのだろうかと今でも気になります。

 - 社会ニュース