松島で中国にゆかりのある女性たちが美しい日本の着物文化に魅了される

      2017/06/25

スポンサーリンク

着物着付け教室7

松島で中国にゆかりのある女性たちが美しい日本の着物文化に魅了される

宮城華僑華人女性聯誼会主催の着物着付け教室が、6月18日に松島町文化観光交流会館で開催された。

イベントには、宮城県のほか、岩手県、福島県からも参加者が訪れ、親子連れなど45人の在日華僑の女性たちが参加した。

着物着付け教室1

今回のイベントは、日本で生活する中国出身の方々が、日本の着物文化を体験してみたいという要望を叶えたもの。

参加者らは、50着の中から思い思いに選んだ着物に身を包み、日本の伝統文化を楽しんだ。

着物着付け教室2

着物着付け教室10

50着の着物を無償で提供したのは、宮城圏域の被災地を中心に高齢者施設や仮設住宅の入所者の方々に、着物の着付け、メイク、ヘアセット等を行っているボランティア団体「着物deスマイル」。

5人の先生が参加者らに着付けからヘアメイクまでを施した。

着物着付け教室4

参加者は、「今回初めて着物を着た。日本に長く住んでいるが、このような機会はほとんどなかったのでとてもうれしい」と、笑顔をのぞかせた。

写真撮影では、着物がきれいに映るような、体の向き、手の組み方、足の位置など慣れないポーズに苦戦しながらも、きれいな仕上がりとなった写真に満足げだった。

一人一人華麗な着物姿の写真撮影を行っていたのは、松島町日中友好協会の方々。

着物着付け教室8

着物着付け教室5

宮城華僑華人女性聯誼会は2017年1月創立。

これまで、仙台についての話を聞く「仙台四方山話」、外国人の社会保障制度についての講演会、日本語講座などを開催し、在日華僑の方々の支援を行ってきた。

主催の女性聯誼会の方は、「今回きれいな着物を着て、撮ってもらった写真は宝物になったし、たくさんの方に喜んでもらえたのでよかった。たくさんの方に協力して頂いて開催することができたので、今後も様々な活動を通して恩返ししていきたい。今年は日中国交正常化45周年。民間の日中友好に力を入れてきたいと考えている」と語った。

着物着付け教室9

着物着付け教室6

 


主催:宮城華僑華人女性聯誼会

facebookはこちらから

スポンサーリンク

 - ヘッドライン, 中国, 国際ニュース, 地域ニュース, 社会ニュース ,