18歳から選挙権適用~今年の夏の参院選から~

      2016/10/11

スポンサーリンク

18歳選挙権   

2015年6月17日に公職選挙法が改正されました。それに伴って夏の参議院選挙から適用され、18歳から選挙で投票ができるようになりました。

選挙後の投票率や事前に行われた世論調査、何故改正されたのかなどをまとめました。

70年ぶりに選挙権を持つ年齢が引き下げられました

 

選挙権の年齢は何故引き下げられたの?

海外の統計では、92%にあたる176カ国が18歳までに選挙権が与えられている。日本はこれからの社会を担う若い世代の投票率が少ないので、もっと関心を持ってもらいたいという狙いがある。  

自民党の谷垣幹事長

「若い人の意見を取り入れていかなければならない」

自民党憲法改正推進本部長の船田元・衆院議員

「世界176カ国が18歳かそれ以下に選挙権を与えている。18歳化はナショナルスタンダード」と強調する

自民党では、「国に届け」という冊子も作っている。

スポンサーリンク

https://jimin.ncss.nifty.com/pdf/pamphlet/20160609_18voice_bira.pdf

url:自民党HPより

若者らしい絵柄で、小泉進次郎議員さんらと会話形式の説明などが掲載されている。

改正公職選挙法のポイント

・自治体に住む有権者が誰でも投票できる「共通投票所」を駅などに設置

・期日前投票で最大2時間、開始時刻の前倒しや終了時刻の延長が可能に

・投票所に同行できる子どもを「幼児」から「18歳未満」に拡大

・聴覚障害者に筆記で発言を説明する要約筆記者への報酬支払いを解禁※

 ※は議員立法による別の法改正

引用:毎日新聞より

※今までは、同行できるのは「幼児」とされていた。

・メリットー若者層の有権者票が拡大して、政治に興味を持ち参加するようになる。

・デメリットー政治家たちがこの制度を利用して票を確保するために、さまざまな問題がおこりそうだ。

%e9%81%b8%e6%8c%99

twitterより

夏の参議院選前の世論調査では

NHKが新たに選挙権を得ることになる若者たちを対象にした世論調査を、参院選前に行った。

若い世代が選挙権をどのように受け止めているのか。政治についての関心について調査した結果次のことがわかった。

 

・過半数が選挙に行く

・選挙で投票することに戸惑いがある人とない人が同じくらい。

戸惑いがある人の理由:政治や政党、候補者についての知識が不十分な為。

・半数が政治に関心があり、70%以上が不満

・政治が話題に上ることが無いがややあるを上回っている。

・今の政治が変わってほしい…90%近く。

・普段支持している正統がない…86%

・日本は格差が大きすぎる…73%

・憲法9条は改正する必要が無い

            …57%

   どちらともいえない…26%

          必要…16%

・国際的に信頼されている…66%

・選挙に立候補できる権利…被選挙権の引き下げ(現在25歳以上)

  引き下げるべきでない…47%

   どちらともいえない…39%

・テレビでニュースを毎日見る人

            …30%

・たまにネットで見る人は…29%

個別の政治課題について尋ねたところ、最も関心のあるテーマは「雇用・労働環境」で、次いで「年金や医療などの社会保障政策」の49%、「景気対策」の48%となっています。

また、社会保障と税負担については、「年金や介護などの社会保障が充実するなら、税負担が今より増えてもよい」に考えが近い人が63%で、「年金や介護等の社会保障が後退しても、税負担が少ないほうがよい」の33%を上回りました。

 

引用:DATA NABIより     

調査をすると若い世代も政治と今後について考えていることがわかる。

 

gakuseisenkyocmuooiduiaagh4h sennkyohe-go1

twitterより

参院選2016静岡の様子。

静岡県で18歳19歳の投票を促していた。学生さんたちも協力している。

 

参院選の18,19歳の投票結果

 

 総務省は、参院選(選挙区選)後の11日に18歳と19歳の投票率の調査結果を公表した。

 

18sennkyo

 出典:YOMIURI ONLINE 

18歳は51・17%、19歳は39・66%で、18歳と19歳を合わせた投票率は45・45%だった。20歳代よりは多い。

高校などで主権者教育を受ける機会の多い18歳と、大学生や社会人が多い19歳で、差がある傾向が明らかになった。

全体の投票率は2・09ポイントあがった。

参院選では過去4番目に低かった。

18歳19歳は投票率が低い傾向にある。

 

hagaki

twitterでは、届いたはがきに喜び若者らしくはがきをデコったりしている。

若い世代が選挙に参加して、今後彼らの考えがどう反映されるかが気になるところだ。

 

 

スポンサーリンク

 - 猫でもわかる、政治、時事用語解説 , ,