【茨木市議選-情勢分析】団結する無所属。個性爆発!諸派の動き (3)諸派・無所属編

   

スポンサーリンク
NHKから国民を守る党 茨木

(出典:笑福亭八兵衛@エエ声〜♪Twitter)

任期満了に伴う茨木市議選が15日告示され、定数28に対し43人が立候補を届け出た。

各党から候補者が乱立する大混戦となる茨木市議選。各党派ごとに、動向と情勢を分析する。

第3回目の本日は、諸派・無所属候補の動向・情勢を追った。

★茨木市議会議員選挙:22日(日)20時~投開票速報を随時更新★

茨木市議会議員選挙 開票速報 2017 当選落選結果

スポンサーリンク

候補者の動向・情勢 無所属・諸派編

無所属議員 団結で勝利めざす

43名の候補者のうち、15名を占めるのが無所属の候補者たちだ。

市議会の中でも比較的リベラルな会派「茨木市民フォーラム」は所属する小林みちこ・桂むつこ・米川勝利議員など、

個の力を団結させ、厳しい選挙戦を勝ち抜こうと息巻く。

「NHKをぶっ壊す!」強烈な存在感 諸派の動向

https://twitter.com/NEspdiZBAghvdUr/status/816557728738918400

インターネットなどを通じて支持を呼び掛ける「NHKから国民を守る党」の代表・立花孝志氏が出馬している。

「NHKにお金(受信料)を払わない方を全力で応援・サポートする政党(政治団体)」である同党は、現在埼玉県朝霞市議会で1議席を有している。

代表の立花孝志氏は元NHK職員という異色の経歴をもつ。立花氏はNHKの経理問題を職員時代に告発したことがきっかけで同社を退職。

現在も受信料不払い訴訟を継続しており、その進捗はSNS等で確認できる。

同党の政策もまた、受信料支払いが不必要であるなど、「NHKをぶっ壊す!」ことに終始しており、

まちづくりや子育て政策など、身近なテーマが主な争点となる自治体議員選挙において、異様な存在感を放っている。

幸福実現党からは新人で茨木市地区代表の川崎ちえこ氏が出馬する。12月25日に開かれた事務所開きには釈量子党首も駆け付け、声援を送った。

既存の政党のしがらみにとらわれない新しい視座を届ける無所属・諸派の動向。選挙戦最終日まで目が離せない。

関連記事

★茨木市議会議員選挙:22日(日)20時~投開票速報を随時更新★

茨木市議会議員選挙 開票速報 2017 当選落選結果

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 大阪府内選挙, 政治ニュース, 近畿地方選挙, 選挙区・情勢予想 , ,