中国人の国民性について-西洋文明との関係-(2)[福島大・手代木教授]

      2018/04/30

スポンサーリンク

 

【特集】中国人の国民性について-西洋文明との関係-(2)

中国人の性格とは何なのか。

これは、大国化していく中国に今後否応なしに向き合っていかねばならない我々に突き付けられた、解明すべき1つの課題であるとも言えよう。

実は、中国では近代から現代にいたるまで、様々なレベルで自分たちの国民性に関する議論が行われてきた。

この中国人自身による国民性の議論は、近代以降、中国が積極的に取り入れた西洋文明と、それらを広く宣伝した西洋人(宣教師)が持つ中国認識に強い影響を受けていた。

今回、中国国民性の形成などについて詳しい福島大学経済経営学類・手代木有児教授から、近現代の中国で繰り返されてきた国民性議論の実態、その時代背景などについて話を聞いた。

 

手代木 有児(てしろぎ ゆうじ)

福島大学経済経営学類教授。
1958年東京都生まれ。1988年東北大学大学院文学研究科博士課程後期中退、福島大学経済学部講師、同助教授を経て、2002年福島大学経済学部教授、2004年福島大学経済経営学類教授。研究テーマは、清末における西洋体験と文明観、中国近代における自己認識(国民性認識)の形成。
著書に、『清末中国の西洋体験と文明観』( 汲古書院, 2013)、佐藤慎一編『近代中国の思索者たち』(分担執筆「梁啓超―『史界革命』と明治の歴史学―」 大修館書店, 1998)、魯迅生誕110周年仙台記念祭実行委員会編『魯迅と日本』(分担執筆「図録魯迅の生涯」、魯迅生誕110周年仙台記念祭実行委員会, 1991)など。

(以下、インタビュー)

スポンサーリンク

魯迅らが関わった中国・国民性批判の展開

出典:https://pixabay.com/

 

日清戦争後の国民性批判についての本格的な研究は、1980年代を待たねばならなかった。

それらの研究によれば、国民性批判の議論は日清戦争(1894-95)後、改良派と呼ばれた梁啓超、厳復らによって開始され、1910年代後半の五四新文化運動期に陳独秀そして魯迅らによって深化されたとされる。

その中身を見ると、西洋人が動的であり、勤勉・誠実・進歩的・清潔・科学的であるとされたのに対し、中国人は静的であり、消極的で怠惰・虚偽的・虚飾的・保守的・不潔・非科学的であるとして激しい批判が行われたとされている。

また1980年代以降には、中国近代の西洋受容に関する研究も行われ、国民性批判に対する前述のA・H・スミスの著書『中国人的性格』による影響も指摘されたが、結局のところ国民性批判と西洋人の中国認識とのかかわりに関する研究は大きな進展を見ることはなかった。

 

そもそも中国における従来の歴史研究の基本的な理解というのは、「近代以降、中国は対外的に西洋に対抗し、自らを変革した」というものである。

つまり、①日本や西欧列強による植民地化を跳ね返して中国独自の社会を生み出した②国内的には革命によって資本家の支配を打ち砕いた、という2点は、現代中国において決して揺らぐことない共通認識となっている。

こうした中で、国民性批判に対する西洋人の中国認識の影響を研究することは、ある意味で上記中国近代史への基本的理解と衝突する可能性を孕んでいた。

国民性批判と西洋人の中国認識の関係への研究に大きな進展が見られなかった一つの背景には、こうした事情が存在していると考えられる。

 

余談となるが、そうした中でなぜA・H・スミスだけが注目されるのかと言えば、それは魯迅(1881~1936、中国近代の小説家、翻訳家、思想家。本名は周樹人)がスミスの『中国人的性格』に何度か言及していることが最大の理由だろう。

中国共産党は、日本や欧米列強に対抗するという意味では魯迅と合作したが、魯迅は共産党員ではなかった。

共産党と一線を画しながら、言論界で強い影響力を持っていた魯迅を敵に回すことを回避するために、共産党は彼を「現代中国の聖人」(毛沢東)にまで祭り上げた。

スミスの議論がしばしば取り上げられることの一つの背景には、こうした中国における魯迅評価の問題があるように思われる。

スポンサーリンク

1 2 3

 - アジアのニュース, アジア・世界ニュース, インタビュー, ヘッドライン, 中国, 国際ニュース, 東北からの発信, 知の発信, 社会ニュース , ,