【特集】戦争に翻弄された人々-中国残留孤児-

      2017/09/29

スポンサーリンク

(出典:Pixabay)

 

昭和20年(1945年)の第二次世界大戦の終戦から、今年で72年が経った。

戦争中、多くの日本国民が海を渡って中国へと向かい、反対に中国国民が日本に連行され、それぞれが悲惨な運命を辿ることとなる。

満蒙開拓団として中国で終戦を迎え、置き去りになった残留孤児、そして日本に連行され強制労働を強いられた中国の人々だ。

しかし、戦後長い間、この2つの問題に社会の目が向けられることはなかった。

 

(取材に応じて頂いた、高橋幸喜さん)

(取材に応じて頂いた、高橋幸喜さん)

 

高橋幸喜(たかはし こうき)さんは、1935年(昭和10年)山形市に生まれた。

幼いころに戦争を経験し、今年11月で82歳を迎える。

高橋さんは、数十年にわたり、山形県における満蒙開拓団の歴史と帰国した孤児の現状、

山形県酒田市・酒田港における強制連行事件の実態などについて地道な調査を行い、

被害者救済のために尽力してきた。

また東北地方の歩兵連隊を中心とする、陸軍第36師団の当時の動きについても詳しい。

 

元軍人、日本に帰国した孤児、連行された中国人被害者などの当事者が高齢化し、

戦争に対する社会全体の記憶が薄れている今、高橋さんへの取材を通して、

改めて戦争がもたらした諸問題に焦点を当ててみたい。

 

国交正常化後に本格化した帰国事業 しかし、母国語を失った孤児たちの日本での生活は厳しいものだった

(満州国の位置、出典:wikipedia)

 

 

1972年の日中国交正常化をきっかけに、多くの残留邦人が帰国できるようになりましたが、

それら孤児の方々が日本に帰ってきた時、日本には何の支援制度もなかった。

すべて自分でやれ、という話で。

しかし、段々と支援の必要性が指摘され、運動が起こったりして、少しずつ支援の体制が整えられます。

それでもやっぱり、生活保護を受けて暮らさざるを得ない人が多かった。

なぜか。

まず、彼らのほとんどは、日本語を失っていました。

日本語を勉強する支援が足りなかった。

日本に帰ってきて、何か月かは日本語の勉強や、生活習慣を学ぶ機会が設けられたけれども、

しかし、たった数か月で「失った母国語」を習得できるわけがなかった。

結果、日本語が十分にできないまま、日本の社会で暮らすことになります。

 

日本に帰ってきた残留孤児の6割くらいは、中国語でさえ、喋ることはできるけども、読み書きができない状態。

当然、日本語は喋れないし、読み書きもできません。

2~3割が、なんとか日本語で会話ができる程度です。

中には、日本に来てから町内会の役員をしたりして、地域に溶け込んだ人もいます。

しかし、大部分は溶け込むことができない。

 

山形市では、1か月に1回、帰国した孤児の人たちが集まって、ワーッと中国語で会話をして交流し、ストレスを解消する。

元々は日本語を覚えるための集まりでもあったのですが、実際は皆さん高齢で、もう言葉を覚えられなくなっている。

そういう人たちが圧倒的に多いんですね。

だから、今では日本語を勉強するということもなくなっているようです。

 

そういう人たちも、20年30年と日本で生活していますから、買い物など日常生活で使う言葉は喋れます。

だけども、少し難しい会話になると「分からない」となる。

 

日本人であり、日本に住んでいながら、母国語を上手く理解できずに、一生を終えるわけですよ。

日本人としての文化も十分に理解できない、本を読むこともできないし、新聞を読むこともできない。

テレビの画面だけは見れる、という具合です。

こういう人が多いからね。

これは、同じ日本人としては非常に、考えなければならない問題です。

 

スポンサーリンク

残留孤児の問題は、本人だけでなく、その子供たちの人生にも大きな影響を与えた

(旧満州国の首都・新京の大通り。現在の吉林省長春市にあたる。出店:wikipedia)

 

中国残留孤児の問題が日本で取り上げられたのは2000年ころ、神奈川県あたりから始まりました。

国会請願運動が起こって、しかし国会での法制化は実現しなかったことから、裁判が起こります。

この裁判は、2002年ころから全国に広がって、山形では2005年ころからスタートしました。

日本に戻った孤児たちの支援については、戦後長い間、放置されてきた問題でした。

なぜなら人数も多く、一人ひとりを把握するも大変で、実態調査自体が十分に行われてこなかったからです。

 

山形でも、2007年に残留孤児の人たちの問題が政治解決して、

2008年4月から、新支援制度が適用となり、ここで経済的には非常に良くなった。

それまでは、彼らの生活は非常に質素でした。

食事も1日2食にしている、という人も多かったですから。

 

山形市に戻ってきた残留孤児の方々は、ひと頃は150人くらいおったんですが、

今はだんだんと減って、70人もいるかいないか。

 

山形県の開拓団の人たちは、貧しい中で土地もない、生活できないということで渡満したんです。

けれども、今度は帰ってきてみると、山形県で働くところがなかった。

 

彼らの息子や娘は、首都圏など大都市に移り住んで、そこで生活している人が多いです。

高齢になって、だんだんと自分たちでは生活できなくなるから、

子供たちのところに行くわけです。

亡くなった人も多いですが、このようなことから、山形県に住む残留孤児の人たちも少なくなりました。

 

残留孤児の2世の人というのも、例えばその親御さんが「うちの息子は日本語がペラペラだ、大丈夫だ」

と言うけれども、実際に息子さんと話してみると、会話が成り立たないような人もいます。

そういう人たちの仕事は、やはり安定しません。

 

残留孤児の人たちが日本に戻ってきて就く仕事としては、清掃業務が多かったでしょうか。

しかし、その世代の人たちは今、80歳くらいになっているので、現在は仕事をしていない。

その子供たち、2世の人たちは、もちろん公務員なんて容易じゃない。

私の知る限り、食品工場などが多いですし、事務職はやっぱり難しいんだと思います。

残留孤児の問題というのは、帰ってきた本人だけではなくて、その子供たちの人生にも大きく影響している。

そういう意味でも現在進行形の問題ですし、今の若い人たちにも是非、知ってもらいたいと思います。

 

 

 

 

スポンサーリンク

 - インタビュー, ヘッドライン, 中国, 社会ニュース