【特集】「北京」が首都であり続ける理由(下)

      2017/11/02

スポンサーリンク

(北京市内のビル群。出典:https://pixabay.com/)

 

【特集】「北京」が首都であり続ける理由

 

2017年4月1日、中国政府がある計画を発表した。

 

河北省保定市に「河北雄安新区」を設立して経済開発を行い、同時に北京にある非首都機能の一部を移転するという計画である。

「共産党中央による千年の大計」「重大な歴史的戦略プロジェクト」との触れ込みで報じられるなど、まさに国家的な事業という位置付けだ。

 

この計画については、北京が抱える深刻な「大都市病」の解消や、華北地域(中国北部)の景気刺激策など様々な見方をされているが、俯瞰的に見れば、あくまで「首都・北京」の維持を大前提 とした計画と見ることができるだろう。

 

では、北京が首都であり続けるのは理由は何なのか。

 

今回、中国を中心とする近世東アジア地域における「都城史」研究の第一人者・山形大学人文社会科学部の新宮学教授から、中国における「首都・北京」の形成過程とその歴史的性格、また河北省保定市「雄安新区」設立の狙いなどについて話を聞いた。

新宮 学(あらみや まなぶ)

あらみや先生

 

山形大学人文社会科学部教授。

1955年山形県生まれ。

1978年 東北大学文学部(文学研究科東洋史学専攻)卒業後、1983年 同大学院文学研究科博士課程単位取得退学。国士館大学文学部講師(1983年4月 ~ 1988年9月)、1988年山形大学人文学部助教授。2001年より現職。
このほか、中国の北京師範大学歴史学部留学(1994年9月 ~ 1995年7月)、慶應義塾大学地域研究センター研究員(1997年4月 ~ 1999年3月)、国際日本文化研究センター研究員(2007年4月 ~ 2008年3月)を務めた。
15~18世紀の中国近世社会史を主たる研究領域とするが、近年は、首都北京の形成過程と都市構造の解明を進めている。同時に、都城制や日明交渉を手がかりに北京を中心とした近世東アジア世界の歴史的展開をも研究課題としている。
主な著書に、

『北京遷都の研究―近世中国の首都移転―』(汲古書院、2004年)、『明清都市商業史の研究』(汲古書院、2017年)のほか、編著に『近世東アジア比較都城史の諸相』(白帝社、2014年)
などがある。

(以下、インタビュー)

 

現代の遷都はあり得るのか?

(北京市内の風景、出典:https://pixabay.com/)

 

元(モンゴル)が作り上げ、その後も歴代王朝や国家が継承してきた「拡大された中華世界」を前提にすれば、先に見てきた都や首都の移動を経て、おそらくその終着点に位置するのが、現在の首都・北京なのである。

例えば近代に入ってからでは、中華民国の孫文は当初、南京に首都を置いて漢民族を中心とする国家を作ろうとした。

そうすると、モンゴルが独立したり、チベットがイギリスと関係を結んだり、ということが起こった。
当然、国内ではそのような動きに対する反発も出てくる。

結果的に、なるべく大きい中国を維持することを志向して「五族共和」(※)を掲げることになる。

(※)「五族共和」  中華民国政府が掲げていた漢族、満州族、モンゴル族、ウイグル族、チベット族の5民族の協調を謳ったスローガン。

 

これは、中華人民共和国にも受け継がれ、その結果選ばれたのが、農耕地域と遊牧地域の境界に位置する北京であったのだ。

 

逆に言えば、「拡大された中華世界」を維持しようとするためには、首都北京になければならない。

これは政権を握っている者たちだけの発想ではなくて、中国に住む人々も同様に「大き中国」という夢からは逃れられない。

 

中国は、日本よりも歴史を尊重し、また重視してきた

それは、中華人民共和国になった現代も同様だ。

 

以上に述べたことなどから私は、「拡大された中国」の維持を前提にするなら、現代において北京から首都をどこかに移すという決定自体、ほぼあり得ないことだと考える。

 

河北省保定市の「河北雄安新区」設立の狙いをどう見るか?

北京市内には、かつての面影を残す古い建造物も同居する。出典:https://pixabay.com/)

 

まず、はじめにはっきりさせておきたいことは、河北省保定市における「河北雄安新区」の設立については、経済開発などと同時に、あくまで中国の「非」首都機能を移転させる計画である、という点だ。

中国政府による発表でも、「首都機能を移転させる」とはひと言も言っていない。

あくまで、首都機能は北京に置く、ということが前提である。

最近、この問題に関するニュースが出ており、例えば日本のあるジャーナリストは、「首都機能移転」と書いているが、これは誤った理解であるということを指摘しておきたい。

 

河北省保定市への「非首都機能移転」について、その狙いはやはり、北京の「大都市病」の解決にあるだろう。

以前からこの問題は指摘されていたが、いよいよ、予断を許さない状況になっているのだと思う。

 

また保定市に新たに作られる予定の「河北雄安新区」は、広東省にある深圳、また上海の浦東などと同じく、経済開発特区として開発されると報じられている。

国有企業が多い中国の東北地域は、経済が落ち込んでいると言われており、投資を呼び込む新たな経済特区を作って、中国北部の経済を活性化させたいという狙いもあるのかも知れない。

 

現在、北京の南約50キロのあたりに新しい空港を建設中とのことであり、空港が完成すれば、保定へのアクセスは一定程度担保できると考えられる(※)。

(※)北京近郊に建設中の新空港
中国政府は、北京郊外に新しい空港を建設する。世界で2番目に輸送旅客数の多い北京首都国際空港の混雑を緩和するために、140億ドル(約1兆4300億円)を投じる。2018年にオープン予定だ。
環境保護省が発表した環境影響報告書によると、新空港は北京市中心部から南に50キロ弱の場所に建設する。最初の段階で4本の滑走路を備え、既存の北京首都国際空港と同数の旅客を扱う。必要に応じて3本の滑走路を追加する。
(2014/5/14 Imaginechina/Zuma Press「旅客需要に追い付かない北京首都国際空港」より)

 

しかし、開発特区という割には、保定市は海に面しておらず、深圳や浦東に比べ、地理的に優位性があるとは言えないだろう。

中国南部の江蘇省や上海周辺などを見ていると、「面的」な経済開発が進んでいるが、例えば今、中国北部、北京の周辺などで「面的」な開発が進んでいるかと言えば、そうではない。

 

この南北の経済格差は、古くは明清時代から続いており、歴史的な側面を持つ。

明清時代、王朝の中心都市・北京を含むその一帯は「順天府」(じゅんてんふ)と呼ばれ、王朝お膝下の直轄地域となっていた。

この順天府の中にはいくつかの「州城」や「県城」が置かれていたのだが、そのいずれも、北京に比べると非常に小規模なものであったのだ。

 

ヨーロッパの都市学者がよく、「経済的に大きい都市は、周囲にいくつかの中核的な都市が配置されている状況の中で形成されていく」と言う。

 

しかし、あくまで政治的な特色の強い北京は、まさに順天府の中にポツンと置かれただけで、あとは経済的に豊かな南の方から、大運河の太いパイプでモノを運び入れれば良かった。

だから、順天府の中には、北京のほかに経済的に発展した都市は形成されなかったのである。

このような状況は、明朝から清朝に引き継がれ、また近現代になっても総体的に見れば同様のことが言えるだろう。

スポンサーリンク

河北省保定市の歴史的な位置づけは?

(紫禁城の屋根の装飾。出典:https://pixabay.com/)

 

特に清代になって以降、「順天府」の周辺地域において、都である北京に次ぐ市が、保定であった。

つまり、清朝以降、保定市は、現在で言う河北省の中で2番目の都市となっていたのだ。

保定は、清朝において「直隷省」(ちょくれいしょう、都に直属する地域・現在で言う首都圏のような位置付けであり、のちに河北省となる)の中にあり、1669年には、民政と軍事を握る地方長官「巡撫」(じゅんぶ)が置かれ、同時に「直隷省」の「省会」(しょうかい、現在で言う「省都」)となる。

 

のちに「巡撫」よりも更に強い権限を持つ督」(そうとく)に改められるなど、保定は、清朝から中華民国時代まで、河北省の中心として重要な役割を果たしていた(※)。

(※)民国時代に南京に首都が置かれると、保定周辺は「直隷省」ではなくなり、「河北省」に改められた。

なお、ここに置かれていた直隷総督署(役所)には、かつて李鴻章(りこうしょう:中国清代の政治家。字は少荃。洋務運動を推進し清後期の外交を担い、清朝の建て直しに尽力した。日清戦争の講和条約である下関条約で清側の欽差大臣となり、調印を行ったことでも知られる)も駐在していたことがある。

 

(北京市内の路地、壁に美しい彫刻が施されている。出典:https://pixabay.com/)

 

しかし、中華人民共和国が建国されて以降、保定市は逆に冷や飯を食わされることとなる。

近くには、北京と天津という直轄があるが、この2つの都市は河北省に含まれておらず、現在は、保定から南に約140キロメートルの距離にある石家荘(せっかしょう)に河北省の省都(省会)が置かれている(※)。

(※)1958年から天津市が、1960年からは保定市がそれぞれ一時期河北省の省都となっていた期間があったが、1968年以降は、南北に走る鉄道が交差する石家荘市が省都となっている。

 

例えば、北京にある「非首都機能」を移転させるといっても、既に河北省の省都として機能している石家荘市に色々なものを移したり、あるいは経済開発特区を作ったりするわけにもいかない。

仮にそうすると言ったら、現地から一応のクレームは来るだろう。

北京、天津とトライアングルを作って「首都圏」を作ろうとした場合、距離的な問題や経済開発の将来性を考え、また省都たる石家荘市を避けた結果、保定市が選ばれたと思われる。

 

このように保定市の歴史を概観してみると、もともと古い歴史を持つ都市であって、既に経済開発特区として成功を収めた深圳や上海・浦東などと比べて新鮮さに欠ける印象がある。

また北京、天津に、保定市に設けられる「雄安新区」を加えたトライアングルの「首都圏」構想は、清末に存在した北京・保定・天津のトライアングルが再現したようにも見える。

 

なお、現在、中国政府による「シルクロード経済圏構想」(一帯一路構想)が盛んに報じられているせいで、今回の「河北雄安新区」設立の動きと同構想との関係性を指摘する向きもあるが、歴史的には保定とシルクロードとの関係性は見られない。

 

現代以降の北京は、どのように形作られていったのか?

 

(夕刻の北京市内の様子。:https://pixabay.com/)

 

毛沢東は、中華人民共和国の建国直後、天安門広場を中心に人民大会堂と革命歴史博物館を建設して北京の中心部を大改造していった。

そうすると、1950代後半になって北京の城壁が邪魔になったため、城壁の撤去を進めようとした。

実は、この城壁の撤去に反対した者がいたのだ。

梁思成(りょうしせい、※)という建築家である。

(※)梁思成  中華人民共和国の建築史家、建築家。中国の古代建築と文化遺産の保護に尽力した。1972年没。父は清朝末期の改革派である梁啓超。 (王軍〈多田麻美訳〉『北京再造―古都の命運と建築家梁思成―』集広舎、2008年)

 

 

梁は、1000年の歴史を持つ都・北京の歴史的建造物を残そうとしたが、それでは中華人民共和国の首都を作ることは非常に難しかった。

そのため梁は、北京の西の郊外に副都心を作ろうと考えていたのである。

例えばヨーロッパの都市では、歴史的な価値を持つ旧市街(old city)をそのまま保存するために、郊外に新市街を作る、というやり方が一般的に行われているが、梁は、その手法を毛沢東に進言したのである。

現在、北京市の機能を東の郊外、通州区(北京市に位置する市轄区)に移転させる作業が行われているが、このように郊外に副都心を作るという発想は、今初めて言われていることではなくて、中華人民共和国が建国された当時もあったということだ。

 

結果的に、梁の考えた都市計画は否定され、北京の城壁は取り壊された。

しかし当時でも、北京の城壁内にある歴史的建造物を残して、同じく北京市内の郊外に副都心を作ることは可能であったと考えられる。

 

現在の北京には地下鉄が縦横に走り、何本もの環状線が通ることとなった。

地図上で見ると非常に綺麗に見えるが、市中心部にすべてが集中する都市計画となっている。

まさに、政治的機能をすべて中央に集中させる中央集権的システムと同じように、人も車も中心に集まる都市を作ってしまったのである。

現在、深刻な状態に陥っている北京の都市問題は、共和国建国後の北京の都市作りによって引き起こされたという側面もあるだろう。

(完)

 

北京遷都の研究―近世中国の首都移転―(著者・新宮学 汲古書院、2004年)

もとになった博士論文(2003年)全文は、「山形大学学術機関 リポジトリ」リンクで閲覧可能
https://yamagata.repo.nii.ac.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=992&item_no=1&page_id=13&block_id=29

<amazon>北京遷都の研究―近世中国の首都移転―
https://www.amazon.co.jp/%E5%8C%97%E4%BA%AC%E9%81%B7%E9%83%BD%E3%81%AE%E7%A0%94%E7%A9%B6%E2%80%95%E8%BF%91%E4%B8%96%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E3%81%AE%E9%A6%96%E9%83%BD%E7%A7%BB%E8%BB%A2-%E6%B1%B2%E5%8F%A4%E5%8F%A2%E6%9B%B8-%E6%96%B0%E5%AE%AE-%E5%AD%A6/dp/toc/4762925543

スポンサーリンク

【特集】「北京」が首都であり続ける理由(上)

【特集】「北京」が首都であり続ける理由(中)

 - インタビュー, 中国, 国際ニュース, 社会ニュース , , ,