【連載】ロシアの実像を探る (6)ロシアにおける「平等主義」前編 [茅野 渉]

   

スポンサーリンク

ロシア特有の「平等主義」はなぜ生まれたのか

 

(出典:https://pixabay.com)

 

ロシアにおける「平等主義」、すなわちリーダーなるものの存在は認めても、それへの服従が絶対ではないと下が思い込む社会が生まれた理由には、様々な解釈が有り得るでしょう。

食料の生産性は欧州より低くても、ロシア人は広い土地に少ない人間の数という環境に置かれたことで、食物のために直ぐに戦争を起こすという動機が欧州に比べて少なかったからかもしれません。

また、食糧以外の動機から始まる戦争の数は欧州に劣らずとも、社会単位が広大な領土内に遠くに離ればなれに存在していたなら、常時戦争に備えるという共通文化は簡単には育たないことになるでしょう。

比較的狭い地域に多民族が雑居するようになった欧州と、広大な地に密度の低い人口分布というロシアとでは、文化の成り立ちが大きく異なったということになります。

************************************

茅野 渉(Chino Wataru)

スポンサーリンク

https://www.levada.ru/2016/04/07/mezhdunarodnye-otnosheniya-2/

1 2 3

 - アジア・世界ニュース, ヘッドライン, ロシア, 国際ニュース, 知の発信, 社会ニュース , ,