キャメロン首相辞任-EU離脱の民意を受け-混乱を避け数ヶ月の移行奮起も

      2016/07/07

スポンサーリンク

ロンドン-24日、EU離脱を問う国民投票で離脱派が過半数を上回り、事実上イギリスのEU離脱の方向が固まったことの責任を取り、イギリスのキャメロン首相は日本時間16時過ぎに記者会見を開き、辞任の意向を明らかにした。

キャメロン首相は国民投票の結果を受け、日本時間16時過ぎ記者会見で辞任の意向を明らかにした。

キャメロン首相は国民投票の結果を受け、日本時間16時過ぎ記者会見で辞任の意向を明らかにした。

また記者会見でキャメロン首相は、次の首相が決まるまで、EU離脱の方向が決まったことから経済を中心に大きな混乱が生じると懸念されることから、次の首相への引き継ぎのため数ヶ月間、職責を全うしたいとの意向と決意を記者団に語った。

次期首相有力紙に元ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏が浮上

一連の会見を受けて、米ウォールストリートジャーナルは24日の紙面で、ポストキャメロンの候補として元ロンドン市長のボリス・ジョンソン氏の名前を報じた。

ウォールストリート6-24。ボリス氏を有力と報じた。

ウォールストリート6/24。ボリス氏を有力と報じた。

ボリス・ジョンソン氏は今回の国民投票で、EU離脱を呼びかける運動の急先鋒として国民の支持を拡大し、その人気からこれからの英国の行き先にボリス氏を推す声が高まるのではないか、という分析と見られる。

スポンサーリンク

前ロンドン市長ボリス・ジョンソン氏。

前ロンドン市長ボリス・ジョンソン氏。

国民投票を前に激しい舌戦を交わした新ロンドン市長カーン氏は

ボリス氏の後任として、今年ロンドン市長選を制したカーン市長はEU離脱確定の報を受け、声明を発表した。

NHKはカーン氏の声明を次のように報じた。

そのうえでカーン市長は「私たちはEUから出て行くが、EUの単一市場の一部であり続けることは極めて重要だ」と述べ、この点を離脱に向けたEUとの交渉の基礎とするようイギリス政府に求めました。(NHKオンライン6/24)

新ロンドン市長カーン氏は、残留を支持を改めて表明した上で、政治経済の混乱を避けた政策への意欲を見せた。

新ロンドン市長カーン氏は、残留を支持を改めて表明した上で、政治経済の混乱を避けた政策への意欲を見せた。

スポンサーリンク

 - イギリス, ヘッドライン, 政治ニュース , , , , , ,