韓国-在韓米空軍基地にイスラム国テロ扇動可能性-国家情報院警告

      2016/10/13

スポンサーリンク

韓国ソウル-現地時間19日、韓国国家情報院はイスラム国関係者が在韓米軍の空軍基地などを標的としたテロ攻撃を呼びかける活動をしていると、テロへの脅威に注意すべきとの警告をした。

国家情報院と、それを受けての黄首相の発表によると標的として名指しされているのは韓国西部の群山、ソウル郊外の烏山にある在韓米軍基地と関連施設。また、現地通信社の「中央日報」は20日の紙面で、他に1名の民間人女性も標的として名指しされていると報じた。

中央日報6/20

中央日報6/20

極東アジア地域の米軍基地が標的とされるテロ計画が指摘されたのは初めてで、日本、韓国を含めた米同盟国の関連施設が今後もターゲットとされる可能性を指摘する専門家もあり、各国政府は安全保障上の密接な情報連携に迫られそうだ。

同ニュースについては海外主要紙、米CNN、ロシアSputnikなどが続けて報道をした。

スポンサーリンク

テロの呼びかけと扇動については、先の米国オーランドでの銃乱射事件との関係性も指摘されており、Isisの事実上のサイバー攻撃とプロパガンダ、情報戦を担当する部門"ユナイテッド・サイバー・カリフ(United Cyber Caliphate)"が暗号化通信アプリテレグラムを用いて行ったものとみられる。

スポンサーリンク

 - ヘッドライン, 国際ニュース, 社会ニュース, 韓国 , , , , ,