【気仙沼市長選】盤石な支持基盤で菅原氏3選 人口減少解決なるか

   

スポンサーリンク

盤石な支持基盤によって3選の菅原氏

(出典:守屋守武Facebook)

(出典:守屋守武Facebook)

4月22日に投開票の宮城県気仙沼市長選挙で現職・菅原茂氏が3選を果たした。今回の選挙の投票率は61.31%であった。

今回の選挙においては、現職・菅原氏の得票数が21,118票だったのに対して、新人・斉藤氏の得票数が12,300票であった。菅原氏は小野寺五典衆議院議員・防衛大臣などの国会議員や県内の各首長、地元の経済界からと幅広い支援を受けていたが、今回の結果は、その支持基盤の厚さを見せつけた結果となった。

菅原市政に対する住民の不満を多く聞いてきたという斉藤氏は、まとまった支持基盤が今回の選挙では獲得できなかったため、票数が伸び悩んだ。

気仙沼市長選挙(市長選)開票速報・結果 2018

スポンサーリンク

1 2 3

 - 注目選挙