ウマいけど…アカ~ン!「お好み焼きとごはん」太りやすい?大阪府が注意

      2016/10/12

スポンサーリンク
お好み焼き 焼きそば

どうしようもない魅力を放つ炭水化物の黄金タッグ。

(出典:大阪府HP)

(出典:大阪府HP)

大阪府が行った調査で、肥満の人は2種類以上の主食を同時に食べる「重ね食べ」の回数が多いことがわかった。

大阪府が昨年、府民を対象にアンケート調査をしたところ、

重ね食べを週1食以上しているという男性の割合は、やせ形(BMI18.5未満)の人で53.5%、普通体型(BMI18.5以上25.0未満)の人は58.6%だったのに対し、

肥満(BMI25.0以上)の人は70.7%と多かった。やせ形・普通の人の2人に1人、肥満の人の7割が週1回以上は「重ね食べ」をしていることがわかった。

食べちゃう…でも「太りそう」男性1位

(出典:大阪府HP)

(出典:大阪府HP)


スポンサーリンク

しかしながら、「重ね食べをどう思うか」についての質問には、「太りそうだと思う」という意見が全世代にわたって1位になり、

ある種後ろめたい気持ちで「重ね食べ」をしていることがわかった。

「重ね食べ」肥満のほか 栄養の偏りも 大阪府が注意喚起

肥満

主食の「重ね食べ」は肥満に陥りやすいほか、炭水化物で満腹になってしまうため、栄養が偏りやすい。

大阪府は「太めの人、『主食重ね食べ』にご用心!」として注意を促している。

関連リンク

第1回大阪版健康・栄養調査結果(速報版)の公表 府民の食への意識・行動を調査!

スポンサーリンク

 - おもしろプレス新聞社, 経済ニュース , ,