独身の日とブラック・フライデーとは何?! 海外の通販を狙おう!

   

スポンサーリンク

こんにちは!学生記者のリンビンチンです!日本で「ポッキー&プリッツの日」としてお馴染みの11月11日は、中国では「独身の日」とされています。中国で「独身の日」は「光棍節(クヮンクンジェ)」と言われています。「光棍」とは独身男性のことを指す言葉ですが、日本語では「棒」を意味します。11月11日が「棒」の形をしているため、「光棍節」になりました。「ポッキー&プリッツの日」と由来が似てますよね。

タオバオの「独身の日」セール!

2009年から、アリババ傘下のタオバオは11月11日をショッピングカーニバルデーとして、販促活動を開始しました。当時は企業数と販促の程度が今より弱かったのですが、売り上げは予想以上の結果を出していました。それから、毎年11月11日はタオバオの販促の日になりました。ネット販売の人気とともに、独身の日の売り上げも年々増えています。2014年の11月11日のアリババの取引額は9681億円、2015年の取引額は1兆5463億円、2016年は2兆464億円でした。

今年は、独身の日の0時0分11秒を過ぎたくらいで、タオバオの取引額は169億円になり、0時3分1秒の時点で1690億円を超えていました。2017年11月12日の0時までのデータによると、タオバオの成約額は28兆5045億円となり、去年の記録から更新されました。この中で、ネット経由での成約額は90%を占めています。世界225カ国の消費者がalipay(アリペイ)で支払いを行った回数は14億回となり、2016年より41%増加しました。

ブラックフライデーとは?

独身の日の後はブラックフライデーですよね!ブラックフライデーはアメリカで有名なセールの日です。中国では「黒5」と呼ばれています。アメリカとカナダの感謝祭は毎年の11月最後の木曜日で、その次の日が「ブラックフライデー」です。この日は北米のほとんどのデパートが狂ったように大安売りします。通販も例外ではなく、アメリカの大手ショッピングサイトではこの日、非常に安くなる割引キャンペーンを行っており、普段より手頃な値段で商品を購入できます。

人気のあるオンラインショップはアマゾン、wish、EtsyやZulilyなど、実店舗ではTargetやウォルマート、HomeDepot、Kohlsがあります。この日世界中の人が通販などの手段を使って、一番お得な値段で欲しい物を夢中になって買います。

スポンサーリンク

海外の通販で世界堪能!

いかがですか?筆者は、買い物とは世界各国との交流と考えます。この事は、日本に来てからもっと深く感じています。扱われる商品はその国の文化を表しています。日本は輸入大国なので、世界中の料理がここで食べられます。

例えば、最近好きになったタイのグリーンカレーとか、ベトナムのビーフンとか、イタリアの様々なパスタソースなど、私にとってはすべて今まで食べたことがない味でした。今まで見たことがない商品を見つけることは新大陸を発見するかのようで、筆者にとっては人生の楽しみです。

皆さんもそう思いませんか?

どうして日本の方に海外のショッピングデーを紹介したいかというと、今の世の中はネット通販の時代ではないでしょうか?家から出でなくでも、ウェブサイトでクリックするだけで商品は自宅にお届け。とても便利ですね。言葉の障害などが原因で、海外のウェブサイトで買い物をするのは割とめんどくさいと思う日本の方が多いと思います。まだ政治関係の影響で、海外の情報が日本国内まで届かないこともあります。これはもったいないんじゃないでしょうか?海外の情報をたくさん手に入れれば、より多くのものからお得なものを選択できると思います。日本の皆さんもぜひこのようなウェブサイトを使って見てください!

スポンサーリンク
林冰清 (リン ビンチン)
1991年生まれ。中国杭州市出身。アメリカ・マイアミ大学卒業、現在東北大学経済学研究科在学中(修士1年生)。専門は経済史と対比研究。政治プレス新聞社・学生記者。

 - 国際ニュース, 社会ニュース, 経済ニュース , , ,