ジャンプ!高飛び込みの豚ちゃん 中国畜産農家の「食の安全」への取り組み

      2017/09/26

スポンサーリンク

ご存知の通り、人間は汗をかいて運動すればするほど、ダイエットできるし、美しい筋肉をつけることもできます。普段、体つきがよいひとを見かけたら「綺麗だなあ!格好いいなあ!!」と感嘆しますね。だから、健康的な生活を送るために、規則正しい睡眠、食事と運動はとても必要な習慣です。

人間ではそうですが、果たして動物だったらどうでしょうか。最近、中国では豚が健康的なスタイルによって育てられることがありました。なぜなら、お客様に美味しい豚肉を届けたいと考えるためです。では、どんな運動でしょうか。運動させた豚はどうなるでしょうか。

「ジャンプ!ジャンプ!ジャンプ」

 

http://weibo.com/ttarticle/p/show?id=2309351001314141066730221229

(高飛び込みの豚です)

最近、私の故郷である瀋陽市の郊外ではこのような風景が現れてきました。

蓮花池に囲まれる三メートルの高さがある高台ではわらわらとした豚群れが一匹ずつ池の中に飛び込むように飼い主に追われています。豚がやっている運動はまさに「飛び込み」です。豚は最初こそ飛び込みを嫌がって、飼い主を怖い目つきで睨んで、まるでジャンプしたくないと訴えるかのように微動だにしませんが、飼い主に鞭を持って追われたら、すぐ一匹ずつ飛び込んで心地よさげに泥んこ遊びを始めました。それはまさに瀋陽南にある田畑で見られる景色です。すでに現地の観光産業の一つのスポットになりました。飼い主はまた子豚のために、わざわざ1メートルの高台をセットしました。最近はこれを目当てに瀋陽市に遊びに来る観光客が増えており、可愛い子豚が楽しそうに遊んでいる様子を見るだけで、面白いと感動する人がとても多くなっています。

スポンサーリンク

美味しい豚肉を届ける幸せな豚

 

(自由奔放に暮らしている豚家族です)

豚の旨味を最大限するために、飛び込みさせる方法は実は瀋陽の独特なものではなく、これは2012年中国湖南省長沙市の一人の農家によって始められた方法です。最初これは豚の免疫力を高め、食欲を増進するために運動させました。結果として、豚の成長スピードがだいぶ早くなり、肉質も改善されてきました。それが中国の農産業に広く伝わって、この方法を用いる飼い主も増えてきました。

昔は、豚の生産量を確保するとともに、運動させずに、管理しやすいような狭い空間で餌を与え、短時間に太らせるように肥育するのが一般的でしたが、狭い空間でストレスがたまりやすくて、病気にかかるリスクも高いことがわかってきました。豚は病気に弱いというのも常識で、肥育段階に投薬する事もありましたが、肉に薬の成分を残す可能性が高いと思われるので、肥育をやめて、「元気な豚」を育成するような放牧が行われてきました。豚は自由に動き回り、好きな時食べ昼寝し、飛び込んで水遊びをして一日を過ごしています。そして水遊びや泥んこ遊びをしたら、豚の臭みが抑えられる効果があります。このような心身とも健康に育てられる豚は中国の市場で普通の豚肉より三倍以上高いものの、(豚肉の平均価格は500グラム約300円です)消費者にはとても歓迎されています。

食べ物を安全、安心に

 

(気持ちよく昼寝をしている豚です)

水遊びをしている幸せな豚を見られるのは嬉しいですが、それより私が感動しているのは安全、安心な食品を作るために、中国の農家がしている努力です。

山東料理、江蘇料理、浙江料理、安徽料理、福建料理、広東料理、湖南料理、四川料理といった「八大菜系」がある中国は世界三大「美食大国」の一つです。日本食は健康で美味しいけど、種類と味の豊富さで言えば、遥かに中国に比べられないと私は自信を持って言えます。何千年以上もある中国美食文化は中国の誇りの一つです。

しかし、2000年から2010年にかけての十年間、中国では不適切な事業者や環境汚染といった原因で中国の美食文化を貶めた「食品安全問題」が世界でも注目されていました。外国人消費者だけではなく、、中国人消費者も中国産食品に対する信頼感が下がってきました。インターネットやメディアでは「中国産食品安全」への風評被害は酷かったです。しかし、食品安全問題は「国」の問題ではなく、「人間性」の問題だと思います。どんな所でも良い人も悪い人もいるのと同じ道理です。そして、食品安全を改善するのは決して簡単ではなく、経営者の自覚、環境汚染への解決、法律による制限など幅広い分野に力を尽くさないといけないです。しかし、先ほどの豚の飼い主のように、安心、安全、美味しい食品をお客様に届ける様に頑張っている農家、料理人、経営者等がまだ中国には沢山いると信じています。だから、私はいつか「中国の食品は安全じゃない」というイメージが変えていけると思います。

本日はここまでにしましょう!食欲の秋、麗しい仙台でまた皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。

スポンサーリンク
婷竹
婷竹(テイチク) 1991年生まれ。牡羊座。O型。中国東北地方瀋陽市出身。東北財経大学卒業。現在東北大学経済学研究科在学中(修士1年生)。趣味は読書、星座占い、ACG(アニメ・マンガ・ゲーム)音楽を歌うこと。ヴォーカルユニット・Kalafinaの熱狂的ファン。自慢の料理は中華風豚足の煮込み。

 - 社会ニュース, 経済ニュース , , , ,