【参院選2016-広島-結果速報】自民・民進で議席を分け合う 宮沢氏がトップ、柳田氏が2番手

   

スポンサーリンク

参院選 2016 広島県選挙区 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 佐伯 知子 36 幸福実現党 18,218
2 玉田 憲勲 58 無所属 16,691
3 中丸 啓 53 日本のこころを大切にする党 28,211
4 柳田 稔 61 民進党 264,358 当選
5 高見 篤己 64 日本共産党 88,499
6 宮沢 洋一 66 自由民主党 568,252 当選 
7 灰岡 香奈 33 おおさか維新の会 157,858

告示日:6月22日
投票日:7月10日
定数:2

スポンサーリンク

参院選 2016 広島県選挙区 それぞれのドラマ

 

自民・宮沢氏が圧巻の得票 トップ当選で参院2期目を決める

改選2の広島では、7人が出馬する混戦となった。

長く、自民と旧民主で議席を分け合ってきたが、今回もその構図は変わらず。

特に、自民・宮沢氏は、2位当選の民進・柳田氏に30万票以上の差を付け、トップ当選を果たした。

民進・柳田氏が4選も、宮沢氏との票差が目立つ

民進・柳田氏が約26万票を獲得し、2位当選で4期目。

中国・四国地方における民進の議席は、広島・柳田氏のみとなった。

得票では、トップの宮沢氏に大きく水をあけられた。

前回(2010年)参院選の得票(約29万票)からやや減らした柳田氏だが、トップの宮沢氏との票差(約30万票)を考えれば、今後、自民が2議席を狙ってくる可能性もある。

今回を含めて、衆院2回、参院4回の当選を誇る柳田氏だが、次の選挙に向けて対策を迫られそうだ。

 

柳田氏は、支援を受ける連合広島の組織力を生かした選挙戦を展開。アベノミクスについて「将来への不安から個人消費は増えていない。化けの皮がはがれた」と批判し、安全保障関連法についても「憲法を勝手に解釈し、集団的自衛権を行使できるようにした」と述べるなど、自公政権への対決姿勢を強く打ち出し、政権批判票の受け皿となった。
(7/10 読売新聞 「民進・柳田稔氏、連合の組織力生かし4選…広島」より)

 

関連記事

参議院選挙 広島県選挙区 開票速報 2016 当選落選結果

【参院選-広島-情勢速報】自民・民進の現職優勢 共産は比例票上積みを狙う

参議院議員選挙2016_バナー

スポンサーリンク

 - 中国地方選挙, 広島県内選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想 , , , ,