【呉市長選-情勢分析】保守分裂、連合支持なし…現職・小村氏は3期12年の真価問われる選挙戦へ

   

スポンサーリンク
【呉市長選-情勢分析】保守分裂、連合支持なし…現職・小村氏は3期12年の真価問われる選挙戦へ

(出典:連合広島・新原よしあけFacebook)

任期満了に伴う呉市長選が5日告示され、現職1名・新人3名が立候補を届け出た。動向と情勢を分析した。

★呉市長選挙:12日(日) 投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】呉市長選挙(市長選) 2017

呉市とは?

呉市は広島県の南西部に位置し、瀬戸内海に面した臨海都市。

人口は広島県内では福山市に次ぎ3位で、2016年4月に中核市に昇格した。

小さな島しょ部群からなる呉は、明治時代には第二海軍区鎮守府が設置され、海軍のまちとなった。

戦前は「戦艦大和」などが建造され、呉市は東洋一の軍港・日本一の工廠として知られていた。

その重要性から戦時中は幾度となく空襲を受け、街は荒廃したが、現在は

大和ミュージアムやてつのくじら館といった当時の歴史資源を活用し、観光に力を入れている。

昨年公開になった、戦時中の呉市を舞台としたアニメ映画『この世界の片隅に』は

累計動員数200万人・興行収入26億円を突破するなど大ヒットを記録するなど、現在も日本で存在感を発揮する都市のひとつである。

https://twitter.com/Hamma_x_Hamma/status/924977845973041152

呉市長選の候補者

左から現職の小村氏、新人の新原氏、三谷氏、宮内氏。(出典:左から広島県HP、各候補者Facebook。)

呉市長選挙に出馬するのは、現職の小村氏、新人の新原氏、三谷氏、宮宇地氏の4名だ。

4名の候補者はいずれも地元・呉市出身。現職の小村氏は1972年に中央大学を卒業後、運輸省に入省。元中国運輸局企画部長。2005年に初当選を果たした。自民党が推薦する。

新人の新原芳明氏は元財務官僚。修道高校を経て東京大学を卒業後、大蔵省へ入省。2008年から2015年まで造幣局理事長を務めた。

同じく新人の三谷光男氏は旧民主党の元衆議院議員。しかしそのバックグラウンドは自民党で、松下政経塾を経て宮澤喜一元首相の秘書を務めた。その後旧民主党に転じ、2005年総選挙で広島5区から比例で初当選。2009年は小選挙区で勝利し当選したものの、民主党の党勢が衰えた2012年選挙にはあえなく落選した。2014年選挙では体調不良等から出馬を断念したが、先の2017年衆院選では希望の党の公認候補を支援し活動した。本選挙では連合広島が推薦する。

宮宇地一彦氏は元大学教授。1969年に法政大学を卒業後、早稲田大学文学部美術専修、ワシントン大学大学院卒業。自身の建築設計事務所を開設後、文化学園大学教授などを歴任した。

スポンサーリンク

市長選の見どころ

現職・小村氏と新人・新原氏をめぐり、自民支持層が分裂

寺田稔議員の後援会顧問を務める保田博氏は元大蔵省官僚で、新原氏の後援会発起人だ。

戦後最大の候補者数となる呉市長選は、その内実も激戦だ。市長選の支持をめぐり

自民・寺田稔衆議院議員の後援会が分裂するなど、保守分裂が進んでいる。

新原氏の後援会発起人を寺田稔議員の後援会顧問を務める保田博氏が務めるなど、

元衆議院議員・三谷氏が市長選へ出馬 連合広島は三谷氏推薦へ

また、前回2013年選挙では自民・公明・連合広島の推薦を得て選挙戦を戦った小村氏だが、

今回の市長選には旧民主党の元衆議院議員・三谷氏が出馬し、保守票に加えて連合支持層の票も他の候補者に流れる見通しだ。

4選目を目指す小村氏だが、新人候補者やその支持層は多選の弊害を指摘し、選挙戦を勝ち抜こうとしている。

小村氏にとっては3期12年間の市政運営で、いかに盤石な支持基盤を築いてきたか、その真価が問われる選挙戦となりそうだ。

関連記事

★呉市長選挙:12日(日) 投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】呉市長選挙(市長選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 中国地方選挙, 広島県内選挙, 政治ニュース, 注目選挙 ,