テロの原因・背景とは何か?

   

スポンサーリンク

テロ テロリスト

テロリズムの原因・背景とは何か、この問いは長年世界で議論されてきたが、今でも明確な答えは出ていない。如何せん、テロリズムの学術的な定義は今でも議論中で、そんな中では科学的解明さえもできない問いかも知れない。しかし、9.11同時多発テロを契機とする21世紀の安全保障研究において、テロ研究は活発に進められ、メディアや社会でもテロという言葉は頻繁に使用されていることから考えると、“暗黙の了解”的な意味でテロという言葉を定義づけることも可能だろう。よってここでは、米国連邦法より、テロを「政治的又は社会的目的を促進するべく、 政府、 市民又は階層を威嚇又は強制するため、 人や財産に対し不法に軍事力及び暴力を使用すること」と定義しておきたい。

テロの原因・背景は貧困か?

テロを議論する際、その原因・背景は貧困か?と議論されることがよくある。もちろん貧困もその一要因だろうが、グローバルなテロ研究に従事してくると、その原因・背景は非常に多岐に渡るように感じる。例えば、イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に参加した戦闘員たちの動向を調査すると、その原因・背景は本当にさまざまだ。シリアで苦しむ同じイスラム教徒の姿を見て、正義感と使命感からシリアに渡った者、金銭的に魅了されてメンバーに加わった者、ISの掲げる過激思想に本当に染まった者、帰属意識やアイデンティティの喪失により何か新しいものを発見しようとして加わった者など、多岐に渡る。そしてISの幹部たちの中には、貧困とはかけ離れた高学歴、インテリ層が多くいたことからも、テロの原因・背景を貧困と断定することはできず、疎外感、劣等感、憎悪、偏見的差別、また失業や経済格差など、その原因・背景には多種多様な問題が入り混じっているように感じられる。

スポンサーリンク
和田 大樹(わだ・だいじゅ)オオコシセキュリティコンサルタンツ シニアアナリスト兼アドバイザー/清和大学講師。国際政治学や安全保障論を専門とし、国際テロ分野においてアカデミアを中心に、シンクタンク、コンサルティング会社など幅広く活躍。2014年5月に主任研究員を務める日本安全保障・危機管理学会から奨励賞を受賞。著書に『テロ・誘拐・脅迫 海外リスクの実態と対策』(2015年7月 同文舘出版)など。

1 2

 - アジア・世界ニュース