マダガスカル中央省庁に大規模サイバー攻撃改ざん被害

      2016/05/24

スポンサーリンク

現地時間4月30日より今月3日にかけ、マダガスカル共和国の中央省庁のホームページが、断続的に何者かにより改ざんされる被害があった。

改ざんされたのは21省庁、機関に渡り国際的に例を見ない大規模改ざん事件となった。

改ざんされたのはマダガスカル総務省、情報通信省、国立青少年研究所など。総務省などのホームページは同日内に復旧が進み、その他省庁のホームページも順次復旧すると見られる。

スポンサーリンク

実行犯は2013年の軍部によるイスラム系団体弾圧への抗議を示唆

改ざんされたホームページには全て、以下のようなメッセージが貼り付けられ、エジプトで2013年に発生した軍部のイスラム系デモ鎮圧時の弾圧と虐殺事件への抗議を示唆している。

アノニマスを名乗る攻撃者

アノニマスを名乗る攻撃者

スポンサーリンク

Comments

comments

 - エジプト, マダガスカル, 国際ニュース, 国際政治, 社会ニュース