サウジ政府関係者9.11テロ実行犯支援濃厚-14年間非公開の「28ページ」文書公開

   

スポンサーリンク

アメリカ-2001年9.11に発生した米同時多発テロ事件をめぐり、翌年の2002年に米議会で報告されていたものの14年間秘匿とされていたいわゆる「28ページレポート」が現地時間15日金曜に公開された。

ボブグラハム(Bob Graham)上院情報委員長とポーターゴス(Porter Goss)下院情報委員長らの共同署名が確認できる。(いずれも当時の役職)

ボブグラハム(Bob Graham)上院情報委員長とポーターゴス(Porter Goss)下院情報委員長らの共同署名が確認できる。(いずれも当時の役職)

同議事と報告文書では、関与した一人とされるオマル・アル-バヨウミ氏と呼ばれる人物が、学生やAVCO Overseesという会社の社員として身分を隠しながら、実行犯に事実上の支援を行っていたと報告されており、またバヨウミ氏はサウジアラビア政府と深いつながりがある人物と結論付けている。

サウジアラビア政府とつながりがあるとFBI等に報告された一人、オマル・アル-バヨウミ氏の報告が記述されている。

サウジアラビア政府とつながりがあるとFBI等に報告された一人、オマル・アル-バヨウミ氏の報告が記述されている。

スポンサーリンク

米主要メディアらは

米CNNは同「28ページ」文書について、

Under pressure from the victims' families and lawmakers, President Barack Obama said in April his administration would declassify the 28 pages.
「犠牲者遺族と議員たちの圧力に対し、オバマ大統領は4月にこの"28ページ"の公開を約束した。」(CNN 7/16)

と、一部の議員と遺族たちが「全容の解明」を米政府に働きかけ続けていた結果と見られると報道した。オバマ大統領側も自身の人気が今年秋に切れることから、繊細なケースの公開を決断したと見られる。

中東紙では相次いで論説も発表され、米政府とサウジアラビアは全容解明のために相互協力するべきだ、という論評が各紙面を飾った。

スポンサーリンク

 - アメリカ, サウジアラビア, ヘッドライン, 国際ニュース, 国際政治, 政治ニュース , , , , , , , , ,