和田政宗参議 国政を語る会を開催 党推薦の熊谷大氏への支持を呼びかけ

   

スポンサーリンク
和田政宗国政を語る会

和田政宗国政を語る会

参議院議員で日本のこころを大切にする党の和田政宗氏(41)は30日、仙台市戦災復興記念館で国政を語る会を開催しました。

会には多くの来場者が訪れ、役300席の座席がいっぱいとなり会場に入りきれない人で溢れたため、急遽開場外にモニターが設置されるなどの盛況ぶりでした。

スポンサーリンク

党推薦の熊谷大氏への支持を呼びかけ

主催者の和田氏は冒頭の挨拶で、自身の所属する日本のこころを大切にする党推薦の熊谷氏を紹介し「アベノミクスの路線を成就し復興を成し遂げるためには(参議院選挙での)熊谷氏の当選が欠かせない」と熊谷氏への支持を呼びかけました。

紹介を受けた熊谷氏は「自身の教員としての経験から、子供たちが希望を持てるような教育や社会が必要だと考えている。また復興も今が正念場だ。今後も全力で活動していきたい。」と述べ、夏の参院選への決意を示しました。

熊谷大参議院議員-国政を語る会

熊谷大参議院議員

田中角栄氏の元秘書 朝賀昭氏は田中氏とのエピソードなど

会場には田中角栄元首相の秘書の朝賀昭氏もゲストとして参加し、田中氏とのエピソードを語りました。

和田氏の父と面識のあるという朝賀氏は、ユーモアを交えながら語る田中氏とのエピソードに、会場からは時折笑い声があがりました。

朝賀昭氏-和田政宗国政を語る会

朝賀昭氏

和田氏 経済成長、子育て、介護の重要性を熱弁

最後に改めて登壇した和田氏は「子育てや介護の環境を充実させるため、それらの職にかかわる人々の賃金を改善していかなければいけない。」と熱弁。

また「経済成長を通じて国民が幸せを感じれらる国づくりをしていきたい」と述べました。

今回の会では和田氏、熊谷氏、朝賀氏の3名のほか、全国父子家庭支援ネットワークの村上吉宣氏や、自民党宮城県連幹事長の石川光次郎氏も登壇し、自身の活動内容や熊谷氏への支持を呼びかけました。

最後は来賓者も登壇し「エイ、エイ、オー!」の掛け声と共に夏の参院選へむけて、意気込みを新たにしました。

和田政宗国政を語る会

掛け声をあげる参加者

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 宮城県内選挙, 政治ニュース, 東北地方選挙 , ,