あした山形市長選告示前日。佐藤、梅津、五十嵐候補出陣式前夜を迎える

      2016/05/26

スポンサーリンク

9/13投開票の山形市長選挙はあした9.6告示日を迎える。
その前日の各陣営の模様を追ってみた。

吉村山形県知事、連合山形など強力な支持母体を強みに地場固めを進める梅津ようせい氏は告示日前日も精力的な活動とともに、吉村山形県知事とともに自身のネットメディアチャンネル「梅津ようせいチャンネル」に吉村知事からの激励を掲載し、知事との連携色を強めるとともに自身のtwitterで『「平和都市山形を守る!」そして「山形の未来のために、オール山形でがんばろう!」日増しに想いが高まるのを感じています。』(9.5)などと発言し更なる「反安保法制」色を前面に、民主、共産など反与党勢力のカラーを前面に出した。

スポンサーリンク

対する対梅津の急先鋒佐藤孝弘候補は山形市民の台所「イオン山形北店前」などでの地場回りでの印象付けに成功している。
9.5は新党改革荒井代表の応援演説などもあり、経産省出身の「実力派」ぶりを強調した。

五十嵐候補も両候補と立場を異にし、「非政党色」を前面に出す活動で告示前夜を迎えた。知名度不足には難を抱える出だしだ。

9.6告示日には山形市内で各候補の大規模な第一声集会が開催される。政局の試金石としても、山形市民の身近な経済、市政課題の争点にしても今年もっとも注目される首長選挙の一つと注目される。IMAG1633

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 山形県内選挙, 東北地方選挙