【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 民進党岩手県連 ‐(下)

   

スポンサーリンク
(2016年6月28日、盛岡市内で「4野党合同街頭演説」が行われた)

(2016年6月28日、盛岡市内で行われた4野党合同街頭演説。出典:Twitter)

 

 

【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 民進党岩手県連 ‐

今年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙。

憲政史上初めて、「野党共闘」による国政選挙が戦われた。

結果、全国32ある1人区のうち、11か所で「野党統一候補」が勝利。

その中でも、6県のうち5県で「野党統一候補」が勝利した東北地方は、全国でも際立つ存在となった。

歴史的な選挙となった先の参院選において、「野党共闘」の当事者は、どのような思いを抱きながら選挙を戦ったのか。

関係者への取材から、参院選における「野党共闘」の裏側を探る。

今回、民進党岩手県連幹事長代理・佐々木朋和(ささき・ともかず)岩手県議から話を聞いた。

※ 第24回参議院議員通常選挙・岩手県選挙区では、無所属・木戸口英司氏(328,555票)が当選。自民党・田中真一氏(252,767票)、幸福実現党・石川幹子氏(34,593票)が落選した。

スポンサーリンク

佐々木 朋和(ささき・ともかず)

739945_200050196800509_648423577_o

岩手県立盛岡第一高校、法政大学法学部卒業。

「(有)げいび観光センター」常務取締役などを経て、2011年の県議選で初当選し、現在2期目。

民主党岩手県連では、幹事長代理、震災復興対策委員長、議会対策委員長などを務める。

岩手県一関市出身、同市在住。

選挙結果について、率直にどう捉えるか?

 

(出典:Twitter)

(出典:Twitter)

 

「野党の候補を一本化した」ことは大きな成果として捉えていますが、正直なところ、この選挙結果が野党共闘の成果とは言い切れない、というのが民進党県連としての総括です。

野党4党が集まって「一体感」「共闘」ということを声高に訴えて、空中戦のようなことをしたことが、実際の選挙結果にプラスに影響したのかどうか。

もしかしたら、合同で何かをやるというよりも、一本化された候補者の当選に向けて、それぞれの党がそれぞれで頑張った場合でも、この票差になったのかも知れない。

正直、この辺は分からないところだと思います。

もともと、野党の勢力が強い岩手ですから、結果として生活さんが自らの比例票を減らし、共産党さんに躍進(比例票)をさせてまで共闘をやって、木戸口氏が(議席を)取れたということが、野党共闘の成果と言えるのかどうか。

例えば、木戸口氏が無所属ではなく生活さんの公認候補として出馬して、生活さんの名前を全面に出しながら他の政党が後方支援をする、という形ではどうだったのか。

そうすれば、もっと生活さんの比例票が伸びたのではないか、とも思っています。

一方で、生活さんとしては「全国的な野党共闘を広げたい」という部分があったでしょうから、その象徴として岩手で勝てたということは、1つの成果として考えるべきなのかも知れません。

スポンサーリンク

今回の選挙戦の勝因・特徴点は?

(JR盛岡駅前での4党合党街宣。出典:Twitter)

(JR盛岡駅前での4党合党街宣。出典:Twitter)

 

最初はポイント上で拮抗していたものが、終盤にかけて差を広げることができた。

その要因と言ってもひと言では難しいですが、やはり「全体の運動量」としては多かったのだと思っています。

共闘ということで合同演説会もやりましたし、各地域での政談演説会、個人演説会も断続的にやりました。

そういった純粋な運動量は多かった。

 

一番大きい力となったのは、主濱後援会をすんなりトレースできたことでしょう。

例えば、主濱後援会の中に各地域の民進系の有力者が入っても、そこは黙認をしながら進めることができた。

知事の後援会、主濱氏の後援会をそのまま土台として選挙を戦えた、このことが重要だったと思います。

それにプラスする形で、民進党、共産党、社民党の各党が、自分たちの支援者のところにも木戸口氏を呼んだりしながら支持を広げていった。

 

一方では、市民レベルで勝手連的な運動が広がった、という状況ではなかったと思います。

当然、市民グループの活動がプラスになったことは間違いないですが、全県的に草の根の運動が広がる、という状況ではなかった。

北上市、宮古市などでは、市議会議員の皆さんが超党派の会を作って木戸口氏を支援した、ということもありましたが、「市民運動として広がった」というよりも、全体としてはやはり、党としての活動が中心になったと感じます。

もともと岩手県では、野党側の土台ができている状況にあったので、あくまで党が中心となって選挙を進め、市民グループがそれにプラスされていった、という言い方が当てはまるかと思います。

 

選挙区では木戸口氏が当選したが、比例票に関してどう見るか?

(出典:Twitter)

(出典:Twitter)

 

結果的に木戸口氏が圧勝しましたが、比例票に目をやると、もろ手を挙げて喜べない結果でもあります。

当初、我々野党4党の間では、

「木戸口さんの選挙支援をする時は、一切、党名を出さないようにしよう」

という約束事がありました。

木戸口氏が無所属で出馬するという意味でも、そのような確認をしたということです。

途中から微妙な方針の変化はありましたが、当初は、人を集めても政党アピールは一切しなかった。

その辺のことも影響してか、自民党が比例票を伸ばす、という結果になってしまいました。

これは、大きな課題として捉えています。

 

全体で見た場合、木戸口票はグンと伸びましたが、同時に田中票(自民党候補・田中真一氏)もある程度伸びて、自民の比例票も伸びた。

民進党の比例票もある程度伸びましたが、分裂前(2012年の民主党分裂)のレベルには戻っていませんし、分裂時の民主、生活(当時「国民の生活が第一」)を合わせた得票にも届かなかった。

逆に、生活さんは比例票を減らしました。

無所属だから当たり前と言えばそうですが、木戸口氏のポスターを見ても、どこの政党か分からない内容でしたし、結果として政党名が出ないことによる影響があったことは否めません。

 

※ 2016年7月執行の第24回参議院議員通常選挙における岩手県内の政党別比例票は、次のとおり(得票率5%以上の政党、岩手県選挙管理委員会発行「参議院比例代表選出議員選挙 開票結果(総括表)」より)。

自民党 20万6824票(34.9%)

民進党 13万2956票(22.44%)

共産党 6万6615票(11.24%)

公明党 5万1022票(8.61%)

生活の党 4万3968票(7.42%)

社民党 3万1356票(5.29%)

おおさか維新の会 3万563票(5.16%)

次ページへ

スポンサーリンク

1 2 3

 - 岩手県内選挙, 東北地方選挙, 注目選挙 , , , ,