【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 民進党福島県連 ‐ (下)

   

スポンサーリンク
(参議院議員・増子輝彦氏のFACEBOOKより)

(民進党参議院議員・増子輝彦氏のFACEBOOKより)

 

【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 民進党福島県連 ‐ (下)

今年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙。

憲政史上初めて、「野党共闘」による国政選挙が戦われた。

結果、全国32ある1人区のうち、11か所で「野党統一候補」が勝利。

その中でも、6県のうち5県で「野党統一候補」が勝利した東北地方は、全国でも際立つ存在となった。

歴史的な選挙となった先の参院選において、「野党共闘」の当事者は、どのような思いを抱きながら選挙を戦ったのか。

関係者への取材から、参院選における「野党共闘」の裏側を探る。

今回、民進党福島県連・亀岡義尚幹事長から話を聞いた。

※ 第24回参議院議員通常選挙・福島県選挙区では、民進党・増子輝彦氏が当選。当時、法務大臣を務めていた自民党・岩城光英氏が落選した。

亀岡義尚

%e7%84%a1%e9%a1%8c

民進党福島県総支部連合会幹事長。

故・金子徳之介氏(自民党衆院議員、新生党衆院議員などを歴任)秘書、民進党衆院議員・玄葉光一郎氏秘書などを経て、福島県議会議員。現在4期目。

 

3万票差での勝利は「詰められた」が、選挙全体を通じて「度量を持ったリーダーの存在」が大きかった

(当選の報を受けた増子陣営。増子輝彦氏のFACEBOOKより)

(当選の報を受けた増子陣営。増子輝彦氏のFACEBOOKより)

 

選挙は、増子さんが3万票差(増子氏:約46万票、岩城氏:約43万票)で勝ちました。

結果を受けた率直な感想としては、「詰められた」という印象。

それだけ、自民党の追い上げがすごかったということです。

今回は、岩城光英候補というよりも、「安倍政権」対「草の根」の戦いに勝利した、と言えるでしょう。

 

野党共闘に関しては、増子さんが勝てたという結果を以て「共闘は上手くいった」、それは事実です。

しかし、私の総括としては「共闘には、一定の効果があった」というもの。

我々、民進党の立場からは、「100点でした」と言うことはできません。

というのも、共闘によって逃げた保守票もありますし、我々からすれば、そういった保守系の支持者の方々に、「我慢をして頂いた」「目をつぶってもらった」という部分があるからです。

選挙全般を通じて、「今回の共闘における大義のために、なんとか理解して頂きたい」というお願いをしながら進めてきました。

 

一方でそれは、共産党も社民党も同じです。

 

それぞれのリーダーが、共闘に対して抵抗感を持つ支持者の理解を得ること、党をまとめることに苦心してきたからこそ、選挙での「大同団結」ができたわけです。

私としては、選挙戦全体を通じて、

「しっかりとした議論ができる、あるいは理解して頂ける度量を持ったリーダーの存在」

が、非常に大きかったと思います。

福島には、そのようなリーダーがいたからこそ、我々の我儘も聞いてもらい、我慢もしてもらったし、また色々なお願いもさせて頂いたのです。

スポンサーリンク

 

共産党比例・岩渕氏の当選には、「共闘による相乗効果」があったと見る

(共産党参院議員・岩渕友氏。出典:http://www.jcp.or.jp/kakusan3/hirei/)

(共産党参院議員・岩渕友氏。出典:http://www.jcp.or.jp/kakusan3/hirei/)

 

福島から岩渕友氏(共産党比例)が当選したことについて、後日、共産党の久保田委員長と話をしました。

共産党が比例で新たに議席を取ったのは、長野と福島だそうです。

※ 長野選挙区では、「野党統一候補」となった杉尾秀哉氏(民進党参院議員)が、自民党現職を破って初当選。

要は、「共闘が上手くいったところ」で、共産党が比例の議席を取った、ということ。

選挙区に候補がいない中で、共産党比例候補の個人票が伸びるということは、一定程度、「共闘による相乗効果」があったと見て良いと思います。

 

スポンサーリンク
 

Comments

comments

1 2

 - 政治ニュース, 東北地方選挙, 福島県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , ,