【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 共産党福島県委員会 ‐ (下)

      2016/10/04

スポンサーリンク
(参議院議員・増子輝彦氏のFACEBOOKより)

(民進党参議院議員・増子輝彦氏のFACEBOOKより)

 

【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 共産党福島県委員会 ‐ (下)

今年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙。

憲政史上初めて、「野党共闘」による国政選挙が戦われた。

結果、全国32ある1人区のうち、11か所で「野党統一候補」が勝利。

その中でも、6県のうち5県で「野党統一候補」が勝利した東北地方は、全国でも際立つ存在となった。

歴史的な選挙となった先の参院選において、「野党共闘」の当事者は、どのような思いを抱きながら選挙を戦ったのか。

関係者への取材から、参院選における「野党共闘」の裏側を探る。

今回、共産党福島県委員会・久保田仁委員長から話を聞いた。

※ 第24回参議院議員通常選挙・福島県選挙区では、民進党・増子輝彦氏が当選。

スポンサーリンク

久保田 仁

(久保田 仁氏 出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2014/11/24/150317)

(久保田 仁氏
出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2014/11/24/150317)

 

日本共産党福島県委員会委員長。

郡山安達地区委員会勤務員などを経て、2010年より現職。

福島市在住。

 

統一候補・増子氏の当選を受け、党内全体でその喜びを共有した

(当選の報を受けた増子陣営。増子輝彦氏のFACEBOOKより)

(当選の報を受けた増子陣営。増子輝彦氏のFACEBOOKより)

 

7月10日、野党統一候補である増子輝彦氏の当選が決まりました。

野党共闘という初めての挑戦で、市民の方々と力を合わせながら進めた中、当選という結果を作れたことは、本当に嬉しかった。

「本当によく獲った」という思いを、党全体で共有しました。

共闘によって、客観的な可能性が生まれたのは確かですが、我々、責任ある立場の者もそうでない者も、今回の取り組みが実際の選挙結果にどういう風に表れるのか、手探りの部分がありました。

そういう中で当選を勝ち取ったことは、野党共闘の第一歩として、大きな成果でした。

「増子さんを当選させてこそ、自分の任務が果たせる」という思いで、比例に回って頑張ってきた熊谷智候補(共産党福島県委員会常任委員)も、増子氏当選の知らせを聞き、涙を流して喜んでいました。

 

選挙区での自前候補がいない中、共産党が「見えなくなってしまった」

(出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2016/07/09/231150)

(出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2016/07/09/231150)

 

これまでの選挙で我々は、選挙区に候補者を立てることで共産党の風を起こし、それを土台にしながら比例票に繋げる、という選挙戦略をとっていました。

しかし今回は、選挙区で自前の候補がいない中での選挙戦でした。

現実問題、選挙に関するマスコミ報道、また我々の選挙での取り組みなど、選挙に関わる全体的な動きが、どうしても選挙区中心になってしまった。

選挙制度の仕組み上、そうならざるを得ないという部分もありますが、例えば、掲示板にも共産党の候補者のポスターはないし、選挙公報、また政権放送にも、共産党の名前は出てきません。

要は、共産党が「見えなくなってしまった」。

このことが、選挙結果にどう影響したのかについて分析する事は、なかなか難しいものがあると思います。

得票数の面では、過去の実績との比較は可能です。

しかし、新たな局面における初めての挑戦となった今回、「票の中身」についての比較・分析は簡単ではありません。

スポンサーリンク

 

過去2番目に多い得票も、「党の自力」が不足していた

今回の参院選で、福島県内における共産党への比例票は、約9万2000票。

参院選の比例票としては、1998年の12万808票(得票率11.80%)に次いで、過去2番目の得票数でした。

評価すべき内容ですし、党員の頑張りはもちろん、共闘による効果もあったと思っています。

 

福島県委員会では、県内での比例票について、「13万票」を目標に掲げていました。

この数字は、1998年の得票数(約12万票)を乗り越えよう、という意味合いで設定したものです。

選挙戦を振り返ってみて、目標に届くだけの客観的な条件はあったと思っていますが、結果的には届かなかった。

 

その決定的な要因として、「党の自力」の問題があったと考えています。

例えば、党員数や「しんぶん赤旗」の読者数の増減、また年齢構成の問題、党員自身の活力の問題などに関するものです。

1998年は、今から18年前。

当時と比べると、あらゆる面で後退していると言わざるを得ません。

この問題は、全国的な課題であって、次の選挙を見据えても、客観的な条件を活かせるだけの力を付けていく必要があります。

スポンサーリンク

Comments

comments

1 2 3

 - 政治ニュース, 東北地方選挙, 福島県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , ,