【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 共産党福島県委員会 ‐ (中)

      2016/10/04

スポンサーリンク
(参議院議員・増子輝彦氏のFACEBOOKより)

(民進党参議院議員・増子輝彦氏のFACEBOOKより)

 

【特集】「野党共闘」を検証する ‐ 共産党福島県委員会 ‐ (中)

今年7月に行われた第24回参議院議員通常選挙。

憲政史上初めて、「野党共闘」による国政選挙が戦われた。

結果、全国32ある1人区のうち、11か所で「野党統一候補」が勝利。

その中でも、6県のうち5県で「野党統一候補」が勝利した東北地方は、全国でも際立つ存在となった。

歴史的な選挙となった先の参院選において、「野党共闘」の当事者は、どのような思いを抱きながら選挙を戦ったのか。

関係者への取材から、参院選における「野党共闘」の裏側を探る。

今回、共産党福島県委員会・久保田仁委員長から話を聞いた。

※ 第24回参議院議員通常選挙・福島県選挙区では、民進党・増子輝彦氏が当選。

スポンサーリンク

久保田 仁

(久保田 仁氏 出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2014/11/24/150317)

(久保田 仁氏
出典:http://jcpfukushima.hateblo.jp/entry/2014/11/24/150317)

 

日本共産党福島県委員会委員長。

郡山安達地区委員会勤務員などを経て、2010年より現職。

福島市在住。

 

選挙戦に入り、一つずつ積み上げられていった共闘の場面

(増子輝彦氏のFACEBOOKより)

(増子輝彦氏のFACEBOOKより)

公示日(6月22日)の第一声には、民進党、共産党、社民党のそれぞれが、政党名の入った幟旗を持って結集。

6月30日には、共産党の市田忠義副委員長、民進党の枝野幸男幹事長、社民党の又市征治幹事長が、増子氏の応援に駆け付けたほか、地域レベルでも、街頭演説会に各党の地方議員が集まりました。

選挙が始まってみると、そういった共闘の場面が、あちこちで作られていきます。

当初は、共闘自体がどうなっていくのか、言ってみれば、暗中模索の中でスタートした部分もありましたが、公示日以降、共闘の場面が一つずつ積み上げられていく、そういう状況でした。

純粋な組織力で見れば、民進党と共産党を合わせても、自民党には到底敵わない。

しかし、「野党と市民の協働」によって、政策を訴える力、またその幅が広がった、というのは実感としてありました。

 

(出典:http://fshiminrengo.jugem.jp/?eid=22)

(「ふくしま県市民連合」のプラカード。出典:http://fshiminrengo.jugem.jp/?eid=22より)

 

県内の学者・研究者を中心とした「ふくしま県市民連合」では、「県内のそれぞれ地域で、市民連合をとにかく作っていこう」という方針が出されていた。

福島市の「ふくしま市市民連合」、郡山市を中心とする「ミナセンなかどおり」、会津若松市の「戦争法廃止 主権者の会 会津」、いわき市では、原発事故に関係する賠償裁判に携わっている市民の方々が、野党共闘の輪に加わってくれました。

若い人たちの間では、「DAPPE」(だっぺ、「平和と平等を守る民主主義アクション」)という組織もできて、県内各地で行われた街頭宣伝で引っ張りだこに。

演出も含めて、今の若い人たちの訴え方というのは、市民やメディアの注目を大いに集めました。

全国的には、無所属の統一候補に、若者を中心とした市民グループがぴったりとくっ付いて選挙を戦ったところもあったようですが、福島県では、増子氏が民進党公認候補であることなどから、選挙戦の全体的な組み立ては、増子選対が担っていました。

我々共産党、また先に述べたような市民グループは、増子選対が決めた流れに、どうやって噛み合っていくか、という状況でした。

そのため、市民グループが増子氏に張り付いて、常に行動を共にするようなことはありませんでしたが、選挙戦を通じて、市民の方々による支援は、非常に大きな力になったと感じます。

スポンサーリンク

 

 序盤から、自民党による強力なテコ入れ 岩城氏の追い上げが始まる

(岩城光英氏のFACEBOOKより)

(岩城光英氏のFACEBOOKより)

 

被災3県を抱える東北は、安倍暴走政治の矛盾が噴き出ている地域と言えます。

その中で、原発事故を経験した福島はなおさらでした。

福島県では、第二次安倍内閣が成立した翌年、2013年12月の世論調査から、安倍政権への「不支持」が高くなっており、それは現在まで続いています。

参院選において、東北では5県で野党候補が勝利したことからも分かるとおり、政権側が進める国民無視の政治の矛盾、それが噴き出ているのが東北、また福島だったということです。

 

実際、選挙が始まってみて驚いたのが、自民党の力の入れようです。

大量な「ヒト・モノ・カネ」が投入され、全県的に、自民党による強力なテコ入れが行われました。

岩城光英氏に対する支援、推薦については、前回選挙の3倍以上を取り付けたとのこと。

つまり、業界への締め付けです。

選挙序盤から、次々に大動員をかけて、大物議員や人気議員が投入されたほか、安倍首相については、公示前の1回を含めれば、計3回、福島に入っています。

 

今回のような与党側のテコ入れは、過去に例を見ません。

我々がこれまで経験したことのないレベルであり、尋常ではなかった。

 

当初、増子氏が優勢でしたが、選挙戦が進むにつれて、岩城氏の追い上げが顕著となりました。

増子氏は選挙前から、「この選挙は、言わば、福島県民と安倍政権との戦いだ」と言っていましたが、この言葉がそっくり当てはまる状況となっていました。

自民党の応援弁士の演説では、政策的なものはほとんどなくて、共産党、また野党共闘体制に対する批判が中心。

「共産党は自衛隊を憲法違反としながら、災害復旧などではお世話になると言っている。こんな矛盾はない。しかも、野党共闘だと言って、民進党はその共産党と手を組んだ。野合ではないか。こんな無責任なところに、福島の復興を任せられるか」という趣旨です。

このような批判は、演説の3分の2を占めていました。

岩城光英氏を応援するためにマイクを握っていたはずなのに、候補者を前にしての演説であっても、岩城氏の名前がほとんど出てこなかったほどです。

加えて、特に建設業界への締め付けも凄まじく、「票が入らなかったら、予算は来ない」といった、脅しに近いものもあったと聞きます。

それだけのことを、安倍首相を先頭にやってきた。

 

我々からすれば、現実的に脅威でした。

 

Comments

comments

1 2

 - 政治ニュース, 東北地方選挙, 福島県内選挙, 選挙区・情勢予想 , , ,