ネパールの「68歳の高校生」、次の夢は短大に行くこと

      2016/06/17

スポンサーリンク

ネパールのウェブメディア・Setopatiによると、68歳の男性のドロガ・バハドゥロさんが、ネパールの高校で今勉強しています。

バハドゥロさんが勉強しているのは、日本でいう高校生にあたる10年生(15~16歳の生徒たちが学ぶ学年)。子どものころお金がなく勉強できなかったことから、6年生から勉強しているとのことです。

彼はまた「学校の友達はみんな協力的なんだよ」と言っています。学校の友達は勉強のとき、どんな問題が出てもサポートしてくれます。バハドゥロさんもそれに応えようと早起きして宿題に取り組んでいます。

彼のいまの夢は、このあと短大で勉強することです。お金を貯めるために、毎日仕事もしています。

若い生徒たちと一緒に勉強を続けるバハドゥロさん。Twitterの海外ユーザーからは称賛の声が多く寄せられました。

スポンサーリンク

Twitter利用者の反応


68歳のバハドゥロさんが杖をついて学校に行っているのか…。


ドロガ・バハドゥロさん曰く「周りの人はみんな僕たちを家族のように接してくれる。政府は全然そんなことできていないのにね。みんなが助けてくれたことを忘れません」とのこと。


年齢によって勉強できることが決まっているわけじゃない。善き人だけが本当の愛や平和に向けて世の中をより良くできるチャンスを持っているんだなあ。


教育は2つのことによって達成できる。ひとつがハートで、もうひとつが何かに対する恐怖だと思う。だから、自分の心の声を聞いたら、もう怖いものなんてないのさ。

スポンサーリンク

 - 社会ニュース , ,