不明のエジプト機 カイロ近くの地中海に墜落か 日本人搭乗せず

      2016/05/23

スポンサーリンク
行方不明になった旅客機と同型のA320

行方不明になった旅客機と同型のA320

エジプト航空によると、カイロ近くを飛行中の旅客機が日本時間で19日午前9時45分ごろ、行方不明になりました。

行方不明になったのはパリ発カイロ行き804便(エアバスA320)で、フランスのパリを現地時間の18日午後11時すぎ(日本時間19日午前6時すぎ)に出発し、その3時間半余りあと、レーダーから機影が消えたといいます。

スポンサーリンク

上空1万1千メートルを飛行中に消失 墜落か

関係者によると、旅客機がレーダーから消えた時は上空3万7千フィート(1万1千メートル)を飛行中で、カイロ近くの地中海に墜落した可能性が高いということです。これまで旅客機から救助の信号は発信されていません。

エジプト航空は旅客機に乗っていた乗客の国籍をツイッターで発表しました。それによると乗客の中に日本人は含まれていないということです。

エジプト航空をめぐっては今年3月に、エジプト北部から首都カイロに向かっていたエジプト航空の旅客機が、自爆ベルトを着用したエジプト人の男にハイジャックされる事件が起きたばかり。

また昨年10月にはエジプト東部のシナイ半島で、ロシアの旅客機が墜落し、乗客乗員224人全員が死亡しました。この事件では過激派組織IS=イスラミックステート関連の武装組織が旅客機を墜落させたと犯行声明を出していました。

スポンサーリンク

 - 国際ニュース, 社会ニュース