日向灘でM4.7の地震 大地震の前兆と不安の声 気象庁からは関連性の発表なし

   

スポンサーリンク
地震情報

地震情報
出典:http://www.jma.go.jp/jp/quake/

気象庁によると今日17時50分ごろ地震がありました。

震源地は日向灘で、震源の深さは約20km、地震の規模は4.7と推定されています。

この地震により宮崎県松橋で震度3、西都で震度2、熊本県合志市で震度2を観測するなど、一部の地域で揺れが確認されました。

気象庁はこの地震による津波の心配はないとしています。

今回の地震について、気象庁から将来発生が予測されている大規模な日向灘地震との関連性についての発表はありません。

地震情報(各地の震度に関する情報)

スポンサーリンク

将来発生すると予想されるマグニチュード7規模の日向灘地震 関連性についての発表はなし

宮崎県および大分県の沖合にあたる日向灘の海域では、過去より繰り返し大地震が発生する事が知られています。

日本政府の地震調査研究推進本部 地震調査委員会の報告(2004年)によると、日向灘地震は規模により2つに分けられ、マグニチュード (M) 7.6前後のものと、M7.0 - 7.2程度のものがあります。

M7.6前後のものは約200年間隔で発生すると推定され、17世紀以降は1662年 (M7.6)と1968年 (M7.5)の2回発生しています。

一方M7.0 - 7.2程度のものは約20 - 27年間隔で発生すると推定され、1923年以降は1931年 (M7.1)、1941年 (M7.2)、1961年 (M7.0)の3回、ないし1984年 (M7.1)を含めて4回発生しており、いずれも人的被害を出しています。

しかし今回の地震について、気象庁から将来発生が予測されている大規模な日向灘地震との関連性についての発表はありません。

スポンサーリンク

SNS利用者の反応

熊本地震の記憶も新しいことから、SNS利用者からは大地震の前兆ではないかと不安な声があがりました。

https://twitter.com/Donot_go__092/status/732142444385435649?lang=ja

 

 - 社会ニュース