ドイツで介護詐欺横行 日本は大丈夫か?

   

スポンサーリンク

t1,120高齢社会であるドイツでは介護を必要としている高齢者は263万人に上ることがドイツの調査当局の調べによりわかりました。

そんなドイツで現在介護詐欺が横行しているそうです。その額は年間10億ユーロ。

超高齢社会である日本でも年々介護を必要としている高齢者の人口は増加しており、今後さらに増加していくことは容易に想像できます。そんな日本では介護詐欺の心配はないのでしょうか?

ドイツで横行している介護詐欺は主に訪問介護に関してで、訪問日数を偽ったり、介護の内容を余計に報告するなどの手口があるようです。

このような介護詐欺は通常の詐欺や薬物の売買などよりも簡単に行うことができるそうです。

ドイツで横行している介護詐欺が日本で起こっていない保障はどこにもありません。

スポンサーリンク

やはり日本でも介護詐欺を懸念する声は多く、日本で現在のところ明るみに出ている介護詐欺は契約後に病気にかかったときに追い出されるなど契約上の問題が多いようです。

現在ドイツで起きているような介護詐欺は日本ではまだ明るみに出ていないだけで、すでに横行している可能性があります。

要介護者が増加するこれからの社会で、おれおれ詐欺に変わり介護詐欺が増加する可能性も十分考えられます。

そのような介護詐欺に対し、政府、社会全体の対応が注目を集めることも近いでしょう。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 社会ニュース ,