【動画】多種多様な生き物たちのすみか 仙台うみの杜水族館

   

スポンサーリンク

ここうみの杜水族館は、仙台で最も見るべきスポットです。

子供から高齢の方まで、幅広い年齢層の人が喜んで訪れます。早朝5時頃、私は完璧な装備でカメラを持って、仙台駅から中野栄駅まで電車に乗りました。

それから私はスリーエム仙台港パークに歩き、日の出を見ました。

日の出後、三井アウトレットパークに行きましたが、やっぱりまだ空いていません。 私は近くのレストランを移動し、朝食を摂りました。

私は7時ごろに朝食を食べました。その後、私はうみの杜水族館に行きましたが、営業時間は午前9時からとかなり余裕があったので、港を歩くことにしました。

港を歩いていると、そこには多くの人がジョギングやウォーキング、釣りなど思い思いのアクティビティをしています。美しい晴れた日ならではの光景でした。

100種類以上もの海の生き物たちとの出会い 地域に愛される場所に

うみの杜水族館は、魚やイルカのような生き物と楽しい時を過ごせる素晴らしいプラットフォームです。100種以上もの海の生き物たちとの出会いがあります。

魚のそばにはウミヘビやペンギン、アヒル、クラゲなども飼われていて、動物園のような雰囲気があります。

私は仙台港で何枚か写真を撮った後、午前9時にうみの杜水族館に入りました。

私はエントランスホールに入ってすぐ、私はたくさんのとても大きな動物たちを見て驚きました。

水族館にはたくさんの生き物たちがいました。私が面白いと思ったのは、子どもたちです。

小さな子どもが母親を伴って「ママ、ママ」と生き物たちを指さしています。

私や周りの人たちも思わず笑顔になりました。水族館は小学生の子どもたちの社会科見学の場所になったりと、地域からも愛される場所になっていました。

スポンサーリンク

躍動のイルカショー

image6

うみの杜水族館のもう一つの魅力は、躍動するイルカたちです。イルカたちのショーを見るために200人以上の人が集まりました。

イルカショーの合計時間はおよそ30分で、イルカたちは挨拶、ダンス、ジャンプ、体操、ロープくぐりなどのアクティビティをこなします。

その躍動感ある身のこなしを、私や他のお客さんはすっかりほれぼれしながら見ていました。

スポンサーリンク
Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース , , ,