多種多様!中国各都市の朝ごはん Part.1

      2017/05/25

スポンサーリンク

林

皆さんこんにちは!政治プレス新聞社 学生記者 東北大学大学院経済学研究科の林冰清(リン ビンチン)です。

今日は中国の朝ごはんを日本の皆さんに紹介したいと思います。

私は料理が大好きです。休みの日でも、YouTubeで紹介されている各国のレシピを自分で作ってみています。

様々な料理は、各国の文化の一部だと思います。

各国の料理を自分で作ると、色々な文化と歴史をもっと深く知ることができます。

また、その中で自分の健康のアイディアも生み出せる事も大事なことだと思います。

中国の朝ごはんは各地域ごとに大きく特色が異なっています。今回はそんな各都市の文化を感じられる、

健康にも良い「中国の朝ごはん」を紹介しちゃいます!

今回紹介する地域

中国の朝ごはん

1.  上海の滋饭团(Zi Fantuan)

(出典:weibo[@一枝_吱])

中国の列車のレストランでのラーメンのパフォーマンス(出典:weibo[@一枝_吱])

これは日本料理でも見れますが、中国では南地方の民間料理です。

これは上海の人にとって一番美味しい朝ごはんです。

もち米を餅の形に作って、中に油げパン、ソーセージ、ザーサイなどの素材を加え、最後に寿司のように巻いてできあがりです。

2.寧波の団子

寧波 団子

(出典:weibo[@不会游水的鸭])

団子の起源は中国の宋代、これも中国の春節と元宵節での定番料理です。

家族が幸せに一年を一緒に過ごせるようにと願って食べられます。この白玉団子は寧波で大人気です。

作り方は餃子と似ていて、中にゴマのペーストや、豚肉が入ってます。表面がくっつくので、作ってからすぐに食べたほうがいいですよ!

3.山東省の煎餅

山東省 煎餅

(出典:weibo[@Ss是个小少女])

山東省の代表的な食べ物は煎餅です。1000年以上前から、すでに山東省泰山で存在している伝統的な食べ物です。

餅の上にまず甘味噌を塗って、中にネギを入れて、他の素材は決まっていませんが、自分の好きなものを加えてもいいです。現在は、山東省内だけでなく、上海や他の町でも煎餅は流行っていますよ!

4.蘭州の牛肉ラーメン

蘭州拉麺

(出典:weibo[@言之小筑])

蘭州のさっぱり牛肉ラーメンは蘭州で有名な風味の軽食です。

唐朝から今まで残った味は長い歴史が持っています。

ラーメンにとって大事なのは5個の要素とされており、

「一清(透明なスープという意味)」、「二白(白い透き通った大根)」、「三赤(真っ赤なラー油)」、

「四緑(香菜・ニンニクの芽の緑)」「五黄(黄色の麺)」がそれぞれ大切と言われています。

このラーメンのスープは牛肉を煮た後のスープなので、牛肉の味が麺の中まで浸透しています。

ラーメンは一般的にその場でながーく伸ばした後に、すぐに食べます。こうすると麺がもっともちもちするんです!

蘭州 ラーメン

(出典:weibo[@zhouvangao])

朝ごはんが教えてくれる各都市の文化や伝統

いかがでしたか?私はこの記事を書いているだけでお腹が空いてきました!

中国で旅行するときも目的地の朝ごはんを食べてみるといかがでしょうか?地元の伝統も感じることができ、一石二鳥なのではないでしょうか。

次回は世界遺産で知られる西安や、首都北京などの朝ごはんについてお伝えしたいと思います。

林冰清 (リン ビンチン)
1991年生まれ。中国杭州市出身。アメリカ・マイアミ大学卒業、現在東北大学経済学研究科在学中(修士1年生)。専門は経済史と対比研究。政治プレス新聞社・学生記者。

 - 社会ニュース , , , ,