山形・蔵王 季節ごとに豊かな表情を見せる「五色沼」

   

スポンサーリンク

東北最大のスキーリゾート「蔵王」

(出典:蔵王ロープウェイHPより)

(出典:蔵王ロープウェイHPより)

ゴールデンウィークが始まる前、私の仕事のちょうど後に、私は蔵王山に登る機会がありました。蔵王は私はこれまでに10回以上行っている、大好きな場所です。

蔵王は東北最大のスキーリゾートのひとつです。冬の間、その木々は氷で覆われ、雪のモンスター「樹氷」が現れます。

これらは日本でもめったに見られず、複数の天候と植物の条件が合わさった場合にのみ現れます。山形の蔵王への旅はとても冒険的なものになるでしょう。

季節によって表情を変える「五色沼」

家族と。背景左側にはエメラルド色に輝く「五色沼」が見える。

家族と。背景左側にはエメラルド色に輝く「五色沼」が見える。(筆者は写真一番右)

私が今まで東北地方で行ったことがある最も冒険的な場所の一つが蔵王山です。

蔵王は、日本の山形県と宮城県との県境にあります。いくつかの溶岩のドームと凝灰岩を含む中央の火山が形成されました。

1720年代の火山の噴火によって形成された池は「五色の池(五色沼)」とも呼ばれ、天気や空気によって5種類の色に変わります。

国内の観光客だけではなく、国外の観光客にとっても魅力的な場所です。

私がここを大好きなのは、私がここに来るたびに、同じ場所なのにいつも別々の景色を見ることができるためです。

日本人の友人とこの場所を訪れたときも、ネパールに住む家族を連れてきたときも、この池はいつも違う表情を見せてくれました。

蔵王の四季は人生と似ている

蔵王

この蔵王は時には乾燥を意味し、時には雨降りを意味し、いつか秋になり、雪が降る。

蔵王の天気は喜び、喜び、幸福、悲しみといった人生の喜怒哀楽と関連付けることができると思います。

このほか、400年の歴史があり、自然由来の温泉と並んで、リーズナブルな価格で一日中楽しむことが出来ます。

ここ蔵王は、国内外の観光客に知ってほしい魅力的な場所です。

スポンサーリンク
Bhusal Anil (ブサル アニル)
政治プレス新聞社フォトグラファー・映像ディレクター。1989年生まれ。ネパール首都カトマンズ出身。趣味は動画・自主映画制作。好きな映画は黒澤明『七人の侍』。

 - 社会ニュース , ,