あす3月3日は「ひな祭り」 写真で見る全国のひな祭り

   

スポンサーリンク

明日3日は、全国各地で女子の健やかな成長を祈るひな祭りが祝われる。

全国的にはひな人形を飾り、雛あられや菱餅を供え、桃の花などをも飾って、白酒やちらし寿司などの飲食を楽しむイメージの強いひな祭りだが、

その他にも特色のある行事を行っている地域もある。目にも楽しい全国のひな祭り行事を見てみたい。

福島市飯坂町の「つるし雛」

国内有数の古湯である飯坂温泉を抱える福島市飯坂町。

県内有数の温泉街を支えてきた江戸時代から続く豪農・旧堀切邸で、

地域の女性たちが、明日への復興に願いを込めて、一針一針心を込めて縫った人形たちが温かく迎えてくれる。

期間:3/5(日)まで

所在地:旧堀切邸(福島県福島市飯坂町字東滝ノ町16番地)

女の子の成長に祈りを込めて 古都・京都の「流し雛」

古都・京都では災厄を祓うために人形(ひとがた)を身代にして川や海に流す「流し雛」。

「流し雛」は、現在のひな祭りのルーツになったともいわれる行事で、雛人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になった。

京都でも有名なのが下鴨神社で行われる流し雛で、和紙で作られた着物に、土を丸め胡粉を塗った素朴な人形に願いを込め、御手洗川に人形を流す。

日時:3/3(金)11:00~

所在地:下鴨神社(京都府京都市左京区下鴨泉川町59)

スポンサーリンク

福岡・太宰府天満宮「曲水の宴」

「学問の神様」菅原道真で知られる福岡・太宰府天満宮では、桃の節句にちなんで、3月の第1日曜日に「曲水の宴」が行われる。

「曲水の宴」は、平安時代の歌詠みの行事を現在に再現する神事で、十二単の女性をはじめとして、

平安時代の華やかな衣装に身を包んだ男女が和歌を作り、春を楽しむ行事だ。

日時:3/5(日)12:00~

所在地:下鴨神社(京都府京都市左京区下鴨泉川町59)

圧巻!3万体のひな人形。千葉県勝浦市の「ビッグひな祭り」

また、雅なこれまでのひな祭りに対して、関東で見逃せないのが、千葉県勝浦市の「かつうらビッグひな祭り」だろう。

遠見岬(とみさき)神社の60段の階段にずらりと並べられた1,800体の人形をはじめとして、

市内のいたるところに計約3万体のひな人形が飾られる。

そのほかにも子どもたちが稚児の衣装で統一したひな行列といったイベントや、土日は各種出店が行われる。

期間:3/5(日)まで

所在地:遠見岬神社(千葉県勝浦市浜勝浦1)、勝浦市芸術文化交流センター「Küste」(千葉県勝浦市沢倉523−1)

スポンサーリンク

 - 社会ニュース