サルコジ前大統領が政界引退へ…大統領予備選敗退を受け

   

スポンサーリンク

フランスのサルコジ前大統領(61)が20日、政界を引退する意向を表明した。

来春の大統領選に向けた最大野党・共和党の予備選で敗れたためだ。

同党の候補者の座はフランソワ・フィヨン(62)、アラン・ジュペ(71)の両元首相が争う。

サルコジ前大統領は、イスラム教への仏社会への「同化」を求める、

アメリカ大統領選に当選したトランプ氏がとったような強硬な移民政策を掲げた。しかしながら予想外の大敗を喫した形だ。

サルコジ氏は開票中に記者会見を開き、「公人よりも私人としての生活に、より情熱を注ぐ時が来た。みなさん、さようなら」と語った。

Comments

comments

 - 社会ニュース ,