【候補者の横顔】いつものまちに新しいテクノロジーを。「温故知新」西予市議選・げんまさき候補(無所属・現職)

      2016/05/26

スポンサーリンク

4月24日は、17日に引き続き全国30カ所あまりの自治体で投開票が行われます。また多数の自治体で選挙の告示が行われ、選挙戦がスタートします。

新年度になり新たに首長や議員を決めるべく、全国で多くの選挙が行われます。

政治プレス新聞社では注目候補を特集し、東奔西走と奮闘するそれぞれの候補者の横顔をお届けします。

第6回は愛媛県西予市の無所属・現職で出馬するげんまさき候補。「温故知新」の候補者のその素顔に迫ります。

西予市議選・候補者の横顔

「5つのまちの特長を活かしたい」立候補のきっかけになった想い。

げん候補は地元・愛媛県西予市(旧:宇和町)生まれ。ガス・電気の整備などを手がける老舗・源プロパン住宅設備の長男として生まれました。その後東京の大学で学び、社会人となり地元・西予市に戻ります。

明浜町・宇和町・城川町・野村町・三瓶町の5つの町が合併して生まれた西予市。
げん候補の地元である宇和町をはじめとして、特色ある町が合併した中、まだそれぞれのまち単位で物事を考える場面が多く残っているとげん候補は感じていました。
立候補当時、中学生のお嬢さんと幼稚園に通う息子さんをもつ2人のお子さんのパパだったげん候補。旧5町の特徴を活かしながら、カバーしあえるまちを作りたいと考え、立候補します。

スポンサーリンク

初当選。「温故知新」今あるものと新しいものとの調和を模索しながら。

議会活動の効率化のため、タブレットも導入(出典:https://www.facebook.com/masakigen?fref=ts)

議会活動の効率化のため、タブレットも導入(出典:https://www.facebook.com/masakigen?fref=ts)

初当選を果たし、家族の跡を継いで切り盛りしていた会社を弟・直樹さんに譲り、げん候補は議会活動・議会外の政治活動に注力していくようになります。

げん候補が議会内外とわず力を入れているのは、インターネットを通じての情報発信や活動の効率化。
自身の政治活動の発信もFacebook、Amebaブログ、Tumblr(タンブラー)、TwitterSNSを縦横無尽に活用。
ブログやSNSでの情報発信といえば、最近では舛添都知事の外遊費問題をとりあげた『衝撃!ロンドン市長の東京出張と比べてみたら、舛添知事の豪遊っぷりが一目瞭然だった』などで話題の東京都区議会のおときた駿議員など「炎上」「異色」「バズる」といった要素を持ち味にする方も多く見受けられますが、げん候補がモットーにしているのは「温故知新」。今あるものを大切にしながら、新しいものを議会や市政に取り入れるこころみを行ってきました。

「みんなが誇れる住みたくなるまちに!」2期目にかける想い。

街頭活動のようす(出典:https://twitter.com/Masaki_Gen)

街頭活動のようす(出典:https://twitter.com/Masaki_Gen)

常に前向きに、新しいものを取り入れ、古き良きまちの魅力との調和を模索してきたげん候補。2期目をめざし、今回の選挙戦も精力的に活動を繰り広げます。

参考URL

げんまさき候補公式Facebook

げんまさき候補公式Twitter

げんまさき候補公式ブログ

西予市議会議員選挙 開票速報 2016
西予市役所

スポンサーリンク

 - 候補者の横顔, 四国地方選挙, 愛媛県内選挙