【香南市長選2016 結果速報】現職・清藤氏が再選 2期目を決める

      2016/07/08

スポンサーリンク

香南市長選挙 2016 当選落選結果・速報

氏名 年齢 党派 職業 新/現/元 得票数 当落
1 山本 学 61 無所属 7,098
2 清藤 真司 50 無所属 7,892
スポンサーリンク

香南市長選2016 それぞれのドラマ

現職と新人による一騎打ちとなった香南市長選。

市の事務方トップも務めた新人との戦いとなったが、現職の清藤氏が市長の座を守った。

12日に行われた双方の出陣式には、地元・香南市区選出の自民党若手県議がそれぞれ顔を出し、支持を呼びかけた。

市内の保守票が割れた形だが、中谷元防衛大臣や尾﨑正直高知県知事らと近い清藤氏が、保守票でリードしたと見られる。

◇市民の人生支援進める 清藤真司氏(51)=無現

清藤氏は、香南市野市町西野の事務所前で出陣式に臨んだ。支持者ら約120人(陣営発表)を前に浜田義隆後援会長が「政策を市民と作っていく」とあいさつ。浜田豪太県議が「市民の人生を支援する市長を支持してほしい」と呼びかけた。

清藤氏は南海トラフ地震対策や産業振興など1期目の実績を挙げ「レールがやっとできあがった」と強調。福祉や教育政策充実を掲げ「もっと支援できないか、日々考える市役所にする」と述べた。

2016年6月14日 毎日新聞 「<選挙>香南市長選 告示 現新一騎打ち /高知」より

一方の山本氏。こちらも、出陣式には香南市選出の自民党県議・梶原大介氏が顔を出した。

梶原氏は、県議時代の清藤氏と、香南市区の2議席を分け合ってきた経緯がある。

山本氏は、市助役、副市長を務めた経験から、舌鋒鋭く現市政の問題点を取り上げ、独自の政策も提言。

一定の支持は拡げたが知名度に欠け、現職には及ばなかった。

◇四つの約束で地域発展 山本学氏(61)=無新

山本氏は香南市野市町西野の駐車場で、支援者約300人(陣営発表)を前に第一声。冒頭、野崎昌男後援会長が「みなさまのご支援をお願いします」とあいさつした。

続いて応援の梶原大介県議会副議長が「山本市政を誕生させ地域を発展させましょう」と支持を呼び掛けた。山本氏は「四つの約束があります」と述べ、子育て支援▽道路の改良▽高齢世帯などへの生活支援の向上▽保育所、幼稚園などの津波対策充実−−を訴えた。

2016年6月14日 毎日新聞 「<選挙>香南市長選 告示 現新一騎打ち /高知」より

 

関連記事

香南市長選挙 開票速報 2016 当選落選結果

【香南市長選2016・情勢予想】 現職と元事務方トップとの戦い 激戦の予想

スポンサーリンク

 - 四国地方選挙, 注目選挙, 結果速報, 選挙区・情勢予想, 高知県内選挙 ,