【今治市議選-情勢分析】王道選挙の保守に、「挑む」野党の形勢厳しく。

   

スポンサーリンク

任期満了に伴う今治市議選が22日告示され、定数32に対し39人が立候補を届け出た。

各党から候補者が乱立する大混戦となる今治市議選。動向と情勢を分析した。

★今治市議会議員選挙:5日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】今治市議会議員選挙(市議選) 2017

スポンサーリンク

今治市とは?

今治市(いまばりし)は、愛媛県北東部に位置する市。愛媛県では県庁所在地の松山市に次ぐ県下第2の人口を誇る。

古くから瀬戸内海の海上交通の要所で、江戸時代は今治藩今治城の城下町として発展した。

同じ東予地方の西条市・新居浜市・四国中央市と並んで工業が盛んな地域であり、愛媛県のみならず四国地方を代表する工業都市のひとつ。特に造船・タオルの地場生産が盛ん。

定数2減のあおり受け、競争激化

2015年の12月定例会において、議員定数の2減が可決された今治市議会。減った32の議席を39名が争う大混戦となっている。

29日同日告示の市長選は、議員定数削減のあおりを受け、議員らの擁立・支援が難しく2005年の合併の新市政施行以降はじめての無投票になった。

「王道選挙」つらぬく議会多数の保守

今治市議会で多数を占めるのは、自民党・保守系無所属議員11名によって成る「創政会」だ。

創政会の平田秀夫氏の出陣式には複数の来援者が訪れ、現職に声援を寄せた。

「挑む」野党 小規模・不利ながらも1人1人の議席獲得めざす

今治市議選では野党や無所属のリベラル候補者のSNSでの宣伝活動が盛んに行われている。

民進党の新人・藤岡 裕高氏は若さをアピールし、今治市・越智郡選出の県議の福田剛らの支援も受ける。

共産党唯一の公認候補の松田澄子氏は今期で引退する山本五郎氏の後継として出馬。議席維持をめざす。

無所属で新人の黒川 美樹氏は自由党(前:生活の党)の推薦を受け出馬する。

自民党が多数を占める今治市議会において、新人中心の「挑む」戦いが主軸になる各野党。一般に現職が強い選挙戦において、厳しい状況だが、1人1人の議席獲得を目指す。

関連記事

★今治市議会議員選挙:5日(日)20時~投開票速報を随時更新★

【開票速報・結果】今治市議会議員選挙(市議選) 2017

より多くの皆さんにご覧いただき、より厳しくコンテンツを磨いていくために、ぜひクリックをお願いします。
ブログランキング用バナー
スポンサーリンク

 - 四国地方選挙, 愛媛県内選挙, 政治ニュース, 選挙区・情勢予想 , ,