[徳島]美馬市長牧田氏運転の車が死亡事故-進退問題は

      2016/06/07

スポンサーリンク

今月5日、徳島県美馬市美馬町の国道のトンネルで同市市長、牧田久市長の運転する車が対向車線を走行中の軽自動車と衝突し、軽自動車に乗っていた二人が死亡する事故が起こった。

NHKによると美馬市栗栖副市長の話として「牧田市長は5日は祝日のため公務はなく、家族を香川県の高松空港に送った帰りだったとみられるということです。(NHKオンライン5/5)」と報じた。

時事通信は県警美馬署の話として、「美馬署によると、死亡したのは高松市伏石町、溝渕清明さん(78)と妻美佐子さん(75)。」と報じた。

スポンサーリンク
牧田氏は当選3回(美馬市ホームページより)

牧田氏は当選3回(美馬市ホームページより)

市長の怪我の具合について、毎日新聞によると「牧田市長は腹を強く打ち重傷だが、意識はあるという。」と報じ、他社も怪我の回復を待ちながら県警は詳しい事情を聞くと見られる。

牧田市長は当選3回、県庁職員を経て2005年の合併で誕生した美馬市の初代市長として広く実績を残す。

県警による事故の原因の調査には時間がかかると見られるが、進退問題に発展する可能性もあり、辞任による美馬市長選挙が行われる可能性も同県政治関係者の話によると現実味を持ち始めている。

関連記事

http://seijipress.jp/?p=11404

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 地域ニュース, 社会ニュース