大学生とパパ・ママの出会う場を カフェで結婚・子育て発信

      2016/05/26

スポンサーリンク
仙台市内でのイベントの様子。中央が五十嵐さん

仙台市内でのイベントの様子。中央が五十嵐さん

8月23日、仙台市内で宮城大学の大学生が主催する、子育てパパ・ママと大学生の交流イベント
「ARIRIN★Café vol.3~シングルマザーが語る『結婚観・子育て観』~」が開催された。

ゲストの沼田佐和子さんは、1女を育てるシングルマザー。
現在は宮城県内でライター・広告ディレクターとして働く。

当日のイベントは、沼田さんの育児経験を中心に活発な議論がなされた。
沼田さんが、長女が熱を出したときや、保育園での送り迎えのときに感じた心境を話すと、
参加者もそれに呼応するように、自身の体験を交えながら、
育児をとりまく問題についての意見を交わし合った。

スポンサーリンク

五十嵐さんは宮城大学の3年生。小学5年生のときに見たニュースで、産婦人科医不足を知ったことが
少子化問題・母子に関わる問題に注目するようになったきっかけだった。
「結婚や子育てをまだまだ先のことだと思っている大学生はたくさんいます。
でも、大学生は結婚できる年齢であるし、子供だっていてもいい年齢です。
早いうちに結婚や子育てに関する情報に触れておくことで、
自分の将来について考えやすくなると思います。」と話す。

大学入学後、大学生が将来を考えるために必要な
「リアルな情報」を提供できる場として「ARIRIN★Café」を始めた。
学校では教わることのできない「結婚・子育て・性」に関する正しい情報を発信するために、
大学生と子育てママ・パパがつながれる場所をめざす。

次回の開催は9月19日(土) 14:00~16:00。
「ARIRIN★Café vol.4〜二児の母が語る結婚観・不妊治療〜」と題し、第4回目を開催する。

スポンサーリンク

 - 地域ニュース, 社会ニュース