異国情緒に興味津々 料理教室でネパール支援

      2016/05/26

スポンサーリンク
料理教室内でキーマカレーの調理をするこの日のシェフのダンさん(右)

キーマカレーの調理をするシェフのダンさん(右)

2015年8月22日、エルパーク仙台(仙台市青葉区)にて、外国の食事を通じて被災したネパールの支援を行う
ボランティア団体「ございん」の料理教室が開催された。

仙台市内に数店舗の拠点を構えるインド料理店『ガネーシャ』のシェフ・ダンさんの指導により、
約30名の参加者がネパールで食べられる本場のカレー作りを楽しんだ。

参加者からは「家で作るものと香りが全く違う」「その国ならではの味付けだ」
など、手軽に楽しめる本場の料理に驚きや満足の声が聞かれた。

同団体は、今後もアジアや中東など、さまざまな国の料理を取り扱った料理教室を実施し、ネパールへの支援を継続する。
次回の開催は、2015年10月4日を予定。

スポンサーリンク

Comments

comments

 - 地域ニュース